人気ブログランキング |
ブログトップ

身体で思いを形にするワークショップblog

karadaws.exblog.jp

「こうなってほしい!」「そのためには、今どうすればいい?」そんな思いを、「体で感じる」ことを重視しながら表現するワークショップの進行役(ファシリテーター) まつぞうのblog

<   2005年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ワークの中に「虫」が繰り返し出てきたのは、1月28日(金)。

その週末の土曜日にはパーティがあって、子どもと遊んだり、踊り狂ったりしておりました。
途中から来たアーニーも子どもと遊びだして、子どもがアーニーの帽子を取って、それが僕の手元に来たので、ひょいとかぶってみました。
アーニーの遊び心が、元々あった遊び心に、より一層磨きをかけてくれそうな気がします。

帰るったの1時頃、寝るのは3じごろになってしまった、土曜の夜。
明けて日曜は、7時半起きで、滝見物+ハイキング。
ただでさえハイキングなんて久しぶり、そのうえ寝不足で大丈夫かなと思っていたら・・・

週明け、月曜日、1月31日。案の定、風邪ひきました。
のど痛+鼻づまり。

でも、この週のワークのテーマは「身体症状」。
風邪から、新たな学びがあるかもしれないかもしれないし、風邪もまたよし、と、えらく前向きでした。

でも、この日ワークで取り組んだのは、風邪ではなく、「飛行機の着陸前の降下時の耳痛」でした。
「一番怖い身体症状を選ぶ」ということだったので、そんなに珍しいものではない風邪よりも、期間限定ながら時に激痛になってしまうのを選びました。

今回ポートランドにたどり着くまでも、伊丹→羽田で激痛。成田→ポートランドは多少ましだったものの、やはり痛い・・・という曲者です。
ポートランド到着前は、プロセスワークを意識して、痛みを消そうと思わずに、痛みの存在を認めて、そこからメッセージを得ようとしたのですが、よくわかりませんでした。痛み自体は、やわらいだんですけどね。

この痛みについてワークしていき、「痛みの創り手」をイメージしてみると・・・浮かんできたのは雷の神様でした。
金曜のワークに続いてまた出てきた!
雷神が「耳の痛みの創り手」だというのは、飛行機が降下する動きと、雷の落ちる動きが重なってくるから、なんだか腑に落ちる話です

雷の神様は、僕の頭をゆすり、耳の内部に圧力をかけていきます。
実際のワークでは、雷の神様を、自ら体験するために、クッションなどを自分の頭に見立てて、ゆすり、圧力をかけていきます。
そうして雷の神様役を体験してみると、僕に向けて、こんなメッセージを発するようになりました。
「カオスから逃げるな。カオスに向き合って、それを楽しめ。」

・・・なるほど。カオスという言葉から真っ先に浮かんできたのは、「ワークショップ」でした。
どんな中身になるのか、当日、本番、ふたを開けてみないとわからない、厄介なシロモノ。
そんなワークショップに、逃げることなく、しっかり向き合って、楽しんでいく・・・その必要性を雷神様は再認識させてくれたのでした。
演劇のワークショップでは飽き足らず、「ワールドワーク」も勉強しようという僕にとっては、必要なメッセージでしょう。
(カオスはワークショップだけをさしているとは限らないかもしれないんですけどね)

「虫」に続いて、「雷神」も再登場。またしてもテンションあがります。


ちなみに、参加者の1人に、北欧神話の「雷神」にちなんだ名前の人がいるんですよ!
これまた偶然。面白いなぁ~!
by matsuzoh2002 | 2005-02-07 17:03 | プロセスワークの参加体験
「虫→蛇→雷神→大地」の物語が演じられたその金曜日の午後は、プロセスワークの創始者、アーニー(アーノルド・ミンデル)の講義とワーク。


その講義の中に、「虫」の話が出てきましたよ!
どこぞの民族だか部族だかでは、創世神話が「はじめに、1人の人間と1匹の虫がいた」というところから話がはじまっているとか。
「すべてが1つになっている世界」から、まず2つのものが生まれ、多様性のある世界が生まれてくる・・・そんな文脈での話だったような・・・(よく、分かっていない(^^ゞ )

ともかく、でも「最初にいたのが虫」っていう話ですよ。なんだかビックリでしたね。
つい2時間ほどまで、最初が虫で、その後、神も含めて、いろいろ変身していくと言うのを演じたばかりでしたから。ちょっとテンションあがりました。

そして講義を受けてのワーク。

まず、最近、普段、どう過ごしているかイメージしてみる。そして、その中でどんな対立が自分の中で起こっているか、気づいてみる。
・・・僕の場合は、「英語が多少聞き取れなくても構わずにマイペースで学んでいこうと思いつつ、どこかで『ちゃんとマジメに全部聞こうとしなきゃダメだろう』と思っている」という感じでした。

そして、片手で「ホントはこうしたい」という思いを、もう片方の手を「そうはさせない」と対立を生み出す思いを、それぞれ動きで表現して、両手でコミュニケーションを取ってみる・・・ということをしました。

僕の場合は、左手はマイペースで自由に舞うような動き、右手は人差し指を突き立て「そんなことではダメだ」と人を糾弾するような動き・・・になりました。

両手でコミュニケーションを取ってみると・・・
右手はかなりのエネルギーで左手を糾弾しようとするのですが、左手はどこ吹く風と、軽やかに舞い続けます。
右手がつかみかかっても、左手はするりと交わす。

右手はあまり本気で糾弾しようという気がないようです。左手のことは、もう、ほっとこう、という気になりました。
しかし、右手はかなりのエネルギーを持ってます。そのエネルギーを活かさないのももったいない。
右手はそのエネルギーを外に向けはじめました。外部とコミュニケーションを取ろうとしているようです。左手は相変わらず舞い続けているので、両手で踊っているかのようです。

右手の動きに答えて、エイミー(アーニーのパートナー)が僕の踊りを真似してくれてます。

めっちゃうれしい~!めっちゃテンション上がる~!
非常に快適です。このままいつまでも踊り続けていられそうです。

対立は解決です。
最後に、この解決をもたらしたのは何者か、しばし瞑想して、感じてみることに・・・

・・・答えはやっぱり「虫」だということになりました。
この世のはじまりから、軽やかに飛び続ける虫。
突き立てる人差し指は「針」だったのかも知れません(蜂かな?)。
誰かを刺そうとやっきになっても、つまらない。
そのエネルギーは、人とコミュニケーションするなどして、楽しい方に使おうよ。
蜜の匂いに誘われて、花から花へと思いのままに飛んでるうちに、知らず知らずにおしべとめしべの間を取り持って、何かのお役に立つかもしれないし。

鳥ほど目立たなくてもいいから、つつましく、でも自由に。
なかなかいい感じの存在ではないでしょうか??
by matsuzoh2002 | 2005-02-07 11:24 | プロセスワークの参加体験
'International Student House'というところに泊まっているのですが、ここは「ホテル」「宿」「寮」というよりも「下宿」という感じがピッタリくるのです。

築100年くらいらしい一軒家をそのまま宿泊に使っているので、部屋の間取りもバラバラ。バストイレ、キッチンは共同ながら、各自は個室がある、なかなかいい空間です。

来る前はあまり考えてなかったのですが、みんなが自炊をしていることもあり、自炊に励んでおります。ここでは、食材が安い!おそらく全米的に安いのでしょうが、さらに、ここは消費税が0%なのです。
学生時代は学食があり、仕事を始めてからはほとんど自炊してませんでした。今はほとんど毎食自炊です。いい習慣ですね。これはぜひ日本に帰ってからもキープしたいと思います。

タイ米系のお米を買ったので、最近はヤキメシをよく作ってます。
今日のお昼も五目ヤキメシでしたが、我ながら美味しくいただけました。



さてさて、まつぞうをめぐる物語の話をしましょう。

1週目の金曜日、33人の参加者が4つに分かれて、少人数の1人1人の意見が出しやすい空間で行なわれる「補習」的な場でのことです。

参加者の1人が「アート・ディレクターのようなことをやってみたい」という発言をして、アシスタントの方が「じゃぁ、この場でやってみようよ」と促したことから、場は即興劇をするような展開になりました。

その人のイメージする空間を創ってみるということになり、まず「カウボーイ」が登場し、次に花壇に植えられた「花」が出てきました。

「何か空間を飛び回るものがほしい。鳥とか虫とか・・・」ということだったので、僕は虫になってみました。

アートディレクター役の人が、細かく指示を出すわけではなく、各自の発想にまかせるという形で、このほか、「鷲」「蛇」「木」「園芸家」「花泥棒」が出てきました。

「虫」役の僕は空間を自由に飛びまわります。花に止まり、木に止まり、カウボーイに止まろうとして煙たがれ・・・

そして、蛇に止まろうとしたら、虫は蛇に食べられてしまいました。

「死んだ」と思ったんですが、虫を食べた蛇が奇妙なことを言うのです。「今度はあなたも蛇になったのよ」
蛇に食べられた虫は、死なないで、蛇に変身する!
面白いので、その言葉に乗っかって、蛇になってみました。

元々の蛇さんは、地面を這うことで満足しているようですが、虫から蛇になった僕は、もともと空を飛ぶ自由を持っていたので、地面だけでは飽き足らず、木の上に登ってみました。

木に登ると、枝の下に太鼓が置いてありました。横にはバチまで置いてます。

「叩きたい!」その衝動にしたがって叩いてみました。
太鼓を叩くのは、虫なのか。蛇なのか、それともまた何かに変身したのか・・・

叩くと自分が何者になったのか分かりました。
「雷だ!」今度は、蛇は、雷の神様に変身しました。

雷が木に落ち、木は倒れ、大地に雨が降り注ぎます。
木の影になったり、花泥棒と園芸家の争いに巻き込まれたりしているうちに、すっかり弱ってしまっていた花にとっては、恵みの雨です。

雷の神様の役目は終わりました。
僕は自然と座り込みました。今度は、何に変身したんだろう?
どうやら、花に命を送り込む、大地になったようです。

しおれていた花が再び生気を取り戻し、高々と花開いたところで、この即興劇は終わりました。

様々なキャラクターが登場しましたが、変身していったのは僕だけでした。

虫→蛇→雷神→大地

変身するたびに、物語は動く。あるいは物語の変化に合わせて、変身が起こる。なかなか面白い体験でした。

やっているときは、周りで何が起こっているかよくわかってませんでした。
鷲も園芸家も、花泥棒も、あとで聞いて知った話です。
虫だからわからなく当然。それでいいんです。

プロセスワークは「自然」を大事にします。
自然な流れの中で起こり、また自然が大きな役割を担ったこの物語を、分析することなく、各自がどんなことを感じながら演じていたのかを、述べ合い、分かち合いました。

そしてプロセスワークは「シンクロニシティ(共時性・偶然の一致)」も重視します。
偶然の一致って、それだけでなんだかテンションがあがるから、ただの偶然として片付けるのは面白くない。

今回出てきた「虫→蛇→雷神→大地」が、その後1週間、繰り返し出てくるのです。

その偶然を楽しみ、自分をめぐる物語がつむがれていくのを、もう少し書いてみたいと思います。
by matsuzoh2002 | 2005-02-07 09:17 | プロセスワークの参加体験
プロセスワークでは、「夢」を重視します。

夢を分析するのではなく、夢を「体験」することで、そこから学んでいこうとするのです。

体験するとはつまり、夢として見た映像を、よりクリアに思い浮かべ、それを語ったり、絵に描いたり、夢の中に出てきた人物を演じて見たり・・・というような五感のさまざまな部分を駆使しながら、元々の夢をより増幅しながら味わうような感じです。

しかも、夜見る夢だけでなく、「痛み」などの身体症状や、人間関係でのトラブルなども、夢と同じように扱い、増幅させて、体験していきます。
夢は夜見るだけのものではなく、起きているものも見続けているものだととらえ、日々暮らしている中で、意図していないのに、ふとした瞬間に浮かび上がったり、思い出したりする映像(イメージ)や感覚も、「夢」の一種だととらえているのです。

違う入り口から入ったはずが、同じイメージが浮かんでくることもあり、そんなときは、ただの偶然とは思えず、自分の周りをめぐる、意図せずに起こっている「物語」の存在を感じます。

ホントは今日はオレゴンの海岸に出かけるはずが、ドライバーを買って出てくださった方が、風邪をひいてしまい、残念ながら中止になってしまったのです。

そんな今日は、浮かび上がってきた、自分をめぐる「物語」について、書いてみたいと思います。

・・・その前にお昼ご飯。
ここまで書いておいて、続きが書けない場合もあるかもしれませんが、それもまたご愛嬌と言うことで。
by matsuzoh2002 | 2005-02-07 05:55 | プロセスワークの参加体験
月~金で5週間続くプロセスワークのインテンシブコースも、2週目が終了。

かなり仲良くなった人、ちょっと苦手な人、などいろいろいながら、全体的にはとっても充実しているなぁ、と感じる。

13年前、カナダのバンクーバーに7ヶ月留学してたのだけれど、コミュニケ-ションがやたらとヘタクソだったので、とても不完全燃焼な思いがしていたのでした。

大学から100人を1度に送り込むという無謀な取り組みの体験記をまとめたものが本になっている。1期生だったから。
そんなに売れる本でもないだろうから、とっくに絶版だろう、と思って今検索してみたら。なんとまだ売っているではないか。ビックリ!思わずリンク貼ってみる。

100人のカナダ留学記―立命館・UBCジョイントプログラム第1期生レポート

小生意気な私は、「ですます調」で書けという指定を振り切って、違う文体で書いて提出し、結局それが通った。
昔から譲れない部分って持ってたんだなぁ。

小生意気な文章の最後は「また留学してぇ!」というような文句で結んだはずだ。

自分で書いておきながら、また留学することなんか、もうないのかなぁ・・・って思いながら過ごしてきた。

しかし、まさかの13年後、こうして1ヶ月以上海外で勉強している。
留学だなぁ、そういえば。

そして、まさかまさか、7ヶ月の不完全燃焼を上回るほどの、燃焼具合を、たったの2週間で感じている。
まだあと3週間燃えちゃったら、どうなっちゃうの?ってくらいに。

13年前の分まで、燃やしていきたいと思います。
風邪なんかどこかへ吹っ飛んだ。

明日はオレゴンの海岸を見に行きます。
by matsuzoh2002 | 2005-02-06 17:08 | プロセスワークの参加体験
プロセスワークを応用して、グループ内やグループ間の対立に関して理解を深めていくのが「ワールドワーク」。
ワールドワークについてのアーノルド・ミンデルの本を読むと「対立を活かして、コミュニティを創っていく」というようなことが書いてある。
「それってすごい!」と思いつつも、「ホンマかいな?」と思わず疑ってしまうような部分もあり、「疑うことなく、そう信じられるような体験をすることがそのうちあるのかな・・・」と思いながらワールドワークに参加してきたのですが、今日、「それって、ホンマやなぁ」と思える瞬間に出会いました。

それは、ワールドワークの場ではなくて、前のクラスで時間が足りなくって途中で終わってしまったワークの続きを、休み時間に1対1でやっている時のことでした。

相手の方がセラピスト、僕がクライアントという設定だったのですが、僕が「『あるもの』(仮にXとしましょう)は必要ないと感じる」と言ったら、その人は「Xは私の命を救ってくれたものなのよ」と突然言い始めました。

ワークは進まなくなってしまいました。
「あなた怒ってるわね」とその人が言うので、僕は自分が怒っているのを認めました。でもその人は、自分が怒っているのを認めません。
「僕についてのワークをしているのに、あなたは自分のことを持ち出してきた」と指摘しても、その人はそれを認めようとしません。
さらに「あなたにとってXが大事なことは、とてもよくわかった。その思いは尊重します」と言っても、あまり聴いてもらえません。まして、僕には僕の事情があって、その人とは全然事情が違うから、Xを大事だと思えないことなど、尊重してくれそうな気配もない。

もう僕からは打つ手なし。その人は「あなたは、自分の『怒り』と取り組む必要があるようね。Xなしでがんばってね」と捨てゼリフ。

決裂です。
休み時間だからその場で仲裁に入ってくれる講師=セラピストもいない。
「めんどくさいことになったなぁ」と思いましたね。
今後も3週間ちょっとコースは続くわけで、ほっとく訳にはいかないだろうけど、誰にどう相談したらいいものやら・・・と、しばし途方に暮れてました。

「次の午後の授業はすっ飛ばしてもいいから、整理する時間が必要だ。下宿に戻ろう」と思って、センターを出て歩き出すと、やや遠くに当の対立相手が・・・

「うわっ、今は会いたくない!」と思って、気づいてないふりをして、道の反対側に渡ると、相手も渡ってきました。

「なんだよ!?」と一瞬思ったのですが、相手は・・・
「ごめんなさい。あなたが全部正しかったわ」

「あぁ、よかった」と、こちらは道端で泣きじゃくりですよ。

あれだけ取り付く島もない態度だったのが、ものの15分かそこらで、非を認めてくれる・・・「これが西洋人のコミュニケーションスタイルなのかもしれない」と思いましたね。
日本人だと何かと後を引きそうな気がしてしまいます。どうなんだろう?

それにしても、率直であることが大事だと思いました。
そしてプロセスワークでは強調される「自覚」の大事さ。

自分の怒りを自覚しながら、主張すべきことはしっかり主張し、かつ相手の主張も尊重する・・・それが実践できたからこそ、相手が非を認めてくれるという変化がもたらされたかな・・・と、また少し自分に自信が持てました。

握手とハグを繰り返し、相手に対して全く違った感情が生まれた上で、下宿に戻り、気持ちを整理しながら、次のクラスに大遅刻をしつつ(3時からなのだが、もう4時だ。あんまり好きじゃない先生だから全然OKなんだけど)、これを書いてます。

1対1だから「コミュニティを生みだす」というのとはちょっと違うけれども、「対立」から逃げないで、きっちり向き合うことで、次の展開が生まれるんだなぁ、ということが実感できたできごとでした。
by matsuzoh2002 | 2005-02-04 09:06 | プロセスワークの参加体験
月曜以来、風邪ひいてる。

ちゃんとクラスには出席できる程度なので、大丈夫。

クラスによっては、風邪をテーマとして扱えるのが、プロセスワークの面白いところ。

今週の午前中は「身体症状」が大きなテーマ。

月曜は風邪のおかげで面白い発見がいっぱいあった。
風邪の神様→風神っていう展開があったりして。

先週の金曜以来、いろいろな発見が、物語をつむぎだすように重なってきて、面白いことになってきている。
(できればじっくり書いてみたいところだが、今は風邪を治すつもりで早く寝たのに、途中で目覚めてしまった午前2時。手短かにして、切り上げたい。)

でも火曜日には、その展開が途切れて、風邪はひたすら苦痛になってきた。

その苦痛の中から、新たなものが生まれつつある予感。

風邪すらもじっくり味わう・・・何が出てくるのかな?
by matsuzoh2002 | 2005-02-02 18:50 | プロセスワークの参加体験