ブログトップ

身体で思いを形にするワークショップblog

karadaws.exblog.jp

「こうなってほしい!」「そのためには、今どうすればいい?」そんな思いを、「体で感じる」ことを重視しながら表現するワークショップの進行役(ファシリテーター) まつぞうのblog

2012年 07月 17日 ( 1 )

ずいぶん前のことですが、2009年に世田谷パブリックシアターから、珍しく事例報告の依頼がありました。

『ワークショップ論 ― 演劇ワークショップの力』という連続講座の一環で、「事例紹介:『人間彫刻』で織り成す井戸端会議!?~宝塚フォーラムシアタークラブの6年~」というタイトルでした。

タイトルの通り、当時まる6年以上になっていた宝塚フォーラムシアターの活動報告を中心に、「人間彫刻」の手法の一部を披露したり、質疑応答もあって、ただのレクチャーではありませんでしたが、ワークショップ以外のお仕事は珍しいことでした。

その後、記録集を作っていただき、ウェブ上でも見れる形になっています。ここで紹介するのをすっかり忘れておりましたので、いまさらながら紹介しておきます。

こちらです。

3年前の話で、すでに宝塚の活動は9年を超えてますが、活動の中身は当時とはあまり変わってませんので、ご参考まで。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2012-07-17 17:09 | ファシリテーターとして