人気ブログランキング |
ブログトップ

身体で思いを形にするワークショップblog

karadaws.exblog.jp

「こうなってほしい!」「そのためには、今どうすればいい?」そんな思いを、「体で感じる」ことを重視しながら表現するワークショップの進行役(ファシリテーター) まつぞうのblog

2006年 06月 14日 ( 3 )

サッカーウクライナ対スペインが始まりましたが、ウクライナ11人の中に、有名なシェフチェンコも含めて「アンドリー」という名前が5人!

総メンバー23人中7人アンドリー!どれだけありふれた名前やねん!
by matsuzoh2002 | 2006-06-14 22:04 | つぶやき
今日は月に一度の宝塚フォーラムシアタークラブの日でした。

午前中は、普段参加者として来ていただいてる方が、ファシリテーターとして試したい事をされる場・・・ということで、僕は参加者として楽しみました。

『他人が、よかれと思ってした事で、はた目で見て「いい結果」に見えることでも、そのことをされた人たちからすれば、ちっとも「いい結果ではない」』・・・ということが実感できて、なかなか面白かったです。

午後からは、私のファシリ。

何もプログラムを用意せず、その場に出てくる話題をロールプレイ的にワークする・・・という形で進めてみましたが・・・。

少しウォーミングアップ的なものを入れる形のほうが、やはり場が和むような気はしますね。
今さらながらの感想ですが、先月はそういう形だったので、比べるとそんな気がします。
今日は慣れたメンバーばかりだったので、それでいいかと思ったんですが、それでもやはり、ゲームやインナーワークはあったほうがいいようです。

ワーク自体も、少し、現実世界のことにとらわれる形で進行すると、僕の中に何か食い足りない部分が残っているのを感じます。
トラブルが起きている相手がいるとして、「現実の相手」と「イメージの中での相手」は必ず食い違っているので、相手のイメージを少し極端な形で表すくらいのほうが、ワークとしては有効かもしれないな・・・と思いました。

現実にこだわりすぎると、こう着状態になりがちですね。

自分の視点を離れて、いろんな視点を知る・・・という面では、今日のワークも、うまく行ってないわけではないんですが、もうすこし「夢」的、「幻想」的な世界で、創造性を発揮するようなワークにしていきたいなぁ・・・と思います。

「この人の現状」についてのワークを少し離れて、「誰の身にも起こる事」をみんなで創造的にワークする、というのが自分のやりたい道だなぁ・・・と。

「その相手を思い浮かべると、どんな事が浮かんできますか?」と問いを投げかけて、例えばそれが、動物やモンスターのイメージだったら、そのイメージを活かして人間彫刻を使ってワークするとか、いいかもしれない。

昔話・おとぎ話的なストーリーに変換するのもいいかなぁ。

もっと現実離れしてみよー!
by matsuzoh2002 | 2006-06-14 21:50 | ファシリテーターとして
韓国2-1トーゴ。

アジア勢初勝利。

前半見てたら、韓国も日本同様、決定力不足?と思ってたけど、後半相手の退場もあり、きっちり勝ちましたね。
監督の采配も、はまってたし。

この組は、フランスが固そうだから、スイスとの2位争い、がんばってくださいな。
決勝トーナメントまで進んで、次回のアジア出場枠を減らすなんて声の出ないように・・・。

しかし、アフリカは、4カ国全敗。
出場枠を減らせっつう声の矛先は、こっちへいくか?
by matsuzoh2002 | 2006-06-14 00:00 | つぶやき