ブログトップ

身体で思いを形にするワークショップblog

karadaws.exblog.jp

「こうなってほしい!」「そのためには、今どうすればいい?」そんな思いを、「体で感じる」ことを重視しながら表現するワークショップの進行役(ファシリテーター) まつぞうのblog

シドニー話その3…危うく罰金の危機!を越えて最前列でラグビー観戦

シドニー話の続きです。

★乗り越し精算できないのかよ!

ブルーマウンテンズの帰り、夜はラグビーの試合を観に行くことにしました。

会場はシドニーオリンピックのときのスタジアムらしい。

ブルマウンテンズまでの路線の支線のようなところにスタジアムの駅はある。

ブルーマウンテンズまで行くときに、片道で切符を買うよりも、往復の方がやたら安かったので、それを買った。
山歩きで疲れたら、ラグビーは辞めようと思ったし。

でもブルーマウンテンズで十分余力があったので、スタジアムへ向かった。
切符は何とかなるだろうと思いながら。

スタジアムの駅へ着いて・・・そのまま出てしまえたと思うが、駅員らしき人がいたので、乗り越し精算について聞こうと思ったら・・・それを聞く前に、切符を見て、「ちゃんと切符を買わないとダメじゃないか」と言う。
「不正乗車は罰金だ」とも。罰金の額は忘れたけど、400$だったような・・・。3万円?冗談じゃない!
日本には乗り越し精算というものがあってね・・・と、とうとうと説明してやろうと思ったが、ま、いいわ、という感じで通してくれた。

そりゃ、そうだわ。その後、往復してシドニーまで戻るのは明らかっぽい外国人旅行者だし、ほんの一駅だけ支線に入っただけで3万円なんてとんでもない。

・・・でも頭の固い人にあたらなくて良かった。ホッ。

★もう1つのラグビー

ラグビーは日本でも観戦したことがあって、結構好きなスポーツなので、ユースホステルにタダ券が置いてあるのを見て、これは行ってみよう!と思った。本場だし。

しかし地球の歩き方を見て、日本で盛んなのはラグビーユニオンで、この日に観に行くプロの試合はラグビーリーグだということを知る。

オーストラリアではリーグの方が盛ん。

タックルされても5回までは攻撃続行できるというのが一番の違いかな。ユニオンのようにモールやラックになったりしないそうだ(モールやラックは何となくしかわかってないけど・・・(^_^;))
こう着状態になりにくいから、スピーディな展開になりやすいみたい。
4回攻撃権があるアメフトにちょっと似てる気もする。

で、大半は自由席らしく、タダ券にもかかわらず、一番前で観れた。

もちろんホントにいいところの一番前は行けなかったけど、端のほうとはいえ、一番前までタダ券で行けるのは信じがたい。

なのでデジカメのなんちゃってズームでこんなにアップの写真が撮れた。a0035574_0334982.jpg


マスコットもすぐそこに。
a0035574_042837.jpgサウス・シドニー・ラビットーズ(Rabbitohs)というチームで、ウサギがマスコット。あんまり強そうじゃない気が・・・。

現に2006年のラビットーズは激弱だったようで3勝21敗のダントツ最下位だったみたい。
一方この日の対戦相手メルボルンは、この年優勝。
当然のように、この日の試合もラビットーズ、ボロ負け。

僕がたまたま座った席は、メルボルンファンも近くに多くて、カメラクルーがそれを撮ってたり。


a0035574_0431787.jpg
「メルボルン」コールを少年が大声で連呼するので、発音としては「メルベン」に近いなぁ・・・ということがよく分かった。

今検索したら、去年の3月に、俳優のラッセル・クロウがラビットーズを買収したのだそうです。
へ~。
そのおかげか、今年は成績もだいぶ上向いて、上位に食い込んだみたいです。

ちなみに、去年の5月には、こんなチアリーダーたちがいましたが


a0035574_053667.jpg
ラッセル・クロウがチアガール禁止を発表したとか。
ラッセル曰く
「女性客の気分を害し、それで息子を連れてこなくなる。子どもにだってよくない」と「もっと試合に集中して欲しい」と語り、もっと気軽に女性客にもラグビーの試合に脚を運んで欲しいとしている。
へ~
[PR]
by matsuzoh2002 | 2007-12-25 00:57 | つぶやき