ブログトップ

身体で思いを形にするワークショップblog

karadaws.exblog.jp

「こうなってほしい!」「そのためには、今どうすればいい?」そんな思いを、「体で感じる」ことを重視しながら表現するワークショップの進行役(ファシリテーター) まつぞうのblog

「下手でもええやん!誰でもできるアート体験フェスティバル」という妄想

a0035574_22345160.jpg


今日はワークショップを受けに国登録有形文化財だという芝川ビル@淀屋橋へ。クラシックなカッコいい外観です。会場は4階のテラス横の部屋で、そこは外観の重厚さとはまた違うオサレな感じでした

受けてきたのは、ドラムサークル。なんと配信されてたものがアーカイブされてるではないですか。雰囲気を見てみたい方はこちらでどうぞ。

ドラムサークル、楽しかったです。元々打楽器好きなので、とにかくどがちゃかたたくというだけで気持ちいいです。
なので、ファシリテーターを務められてた「どんちゃか村」さんのドラムサークルのイベントには今後も参加させてもらおうかと思います。

『誰でも参加OK』「間違ってもいい,それが正解」というのが素晴らしいですね。敷居低すぎ。

「楽器とか太鼓とか苦手な人」という問いかけに数人の人が手を上げる。

それでもOK.苦手でもやってみようと思えるところが、1回ワンコイン500円でいろんなワークショップが受けられるというInternational Workshop Festivalならではなのかもしれませんね



ドラムサークルで太鼓や鳴り物叩いて思い出したのは、うちの押入れで眠っているタイの太鼓のこと。

15年くらい前、旅行の帰り際、なかなかいい音なので衝動的に連れて帰り、けど活躍する機会もあまりなく、死蔵されている。

「どんちゃか村」さんでは楽器の持ち込みも全然ありだそうなので、次参加する機会があれば持ち込んでみて、そのまま寄贈しようかな、と。

叩いてみて気に入ったら今後も愛用する可能性もなきにしもあらずだが、持ち運びが大変なので、そちらで活躍してもらったほうが、太鼓さんにとっても本望なのかな、と。



「誰でも参加OK」「間違ってもいい,それが正解」・・・そんなドラムサークルは心地よかった。

けどそれは、自分がどハマリして、自分でもやるようになった演劇(のようなもの)ワークショップも同じこと。

そして、最近はお休みしてるけど、ダンスのジャンルでも、それに近いビオダンサとも出会ってる。

各ジャンルの「誰でもOK 。間違ってもOK」と、せっかくいろいろ出会ってきてるので、一度に体験する機会があっても面白いね・・・というのがドラムサークル中に思い浮かんだもう1つの妄想。

「下手でもええやん!アート体験フェスティバル」みたいなものを1日か2日かけてやると面白そうね。
演劇、音楽、ダンス、取り揃えて。絵を描いたりするので同じコンセプトでいけるのがあれば組み込むもよし。

各ジャンルでそういうムーブメントが起こってるのは面白いですね。
「セラピー」の文脈で取り組まれてるものも多いですが、もう少し広い文脈で、世の中を元気にするお祭りをしてみたいかな・・・というとりあえずの妄想です。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2012-08-04 22:51 | その他ワークの参加体験