ブログトップ

身体で思いを形にするワークショップblog

karadaws.exblog.jp

「こうなってほしい!」「そのためには、今どうすればいい?」そんな思いを、「体で感じる」ことを重視しながら表現するワークショップの進行役(ファシリテーター) まつぞうのblog

昨日はワークショップデザイナー育成プログラムの説明会を受けに阪大・豊中キャンパスへ。
大学のキャンパスに足を踏み入れるのは久しぶり。すれ違う学生を見てると学生気分に戻ったような気になるが、もはや自分はどちらかというと、同じすれ違う人たちの中でも教授みたいなおじ様方の方が近く見えているだろうかな。そとみとなかみが一致しませんemoticon-0110-tongueout.gif

さてワークショップデザイナー育成プログラム。「すでにワークショップを提供する側になっているんだから、受ける必要ある?」という声も自分の中にはある。けれども、それだけで食えるようになっていないからには何か足りないということで、ひょっとしたら足りない何かが補えるかも?という思いとともに説明会に参加した。

この20年ぐらいの間に社会的にある程度定着したワークショップ。
結構早い段階(95年ごろ)でその言葉に触れ、背景にある考え方に共感し、おかげで人生が変わってきた身としては、「ワークショップ」に興味を持つ人たちが集まる場にいたい・・・という思いは強い。
いろんな分野の人が集まるらしい子このプログラムはうってつけかも・・・と。

個人的な第一義はネットワーキング。その先に期待したいのはコラボレーション。

説明を聞きながら、自分の立ち位置があらためて見えてくる。

阪大がワークショップという言葉を説明するにあたってのキーワードは参加型、体験型、双方向型、とのこと。

双方向型・・・こだわりたいところです。

ワークショップと名のつくものは増えたけど、「双方向型」でないものでも結構名乗っているのものが多いので、違和感を感じてしまう。確かに参加・体験してるんだけど、講師が正解を持っていて、その正解の通りにやればいい・・・というのはワークショップは呼びたくない。
けど、この点は世間的にはあまり頓着されてない気がする。

あと先日「演劇やってる人/やってない人」を話題にしたのとも絡むのですが、今回説明していただいた先生が「演劇をやっていて、ワークショップをやっている人」だったこともあり、僕は「ワークショップそのものにまず興味があって、その流れでワークショップをやりたくなった」というのが軸足にあって、ワークショップの中で一番興味引かれているのが「演劇を使ったワークショップ」だったというのを再確認しました。

微妙なところですが、演劇関係の講師陣も結構いらっしゃるということで、自分が何者か整理しておかないと、なんか自己紹介のときなどに、あたふたどぎまぎしそうで。

「ワークショップをやりたくて、たまたま演劇のワークショップをやるようになった人」と「演劇をやっていて、ワークショップをやっている人」の立ち位置の違い、自分的にはすっきりしました。
[PR]
# by matsuzoh2002 | 2012-08-09 16:23 | ファシリテーターとして
新聞記事を劇にするで紹介したワークショップに参加するために中之島の中央公会堂へ。月曜の昼間。
標準的な勤め人は来られない時間帯。

やっぱり「演劇やってる人」が多いかな・・・と思いながら会場へおもむくと、ストレッチや柔軟を自発的に始める人が少なくなく、あ、やっぱりという印象。
「下手でもええやん」「だれでもできる」系を好む僕としては、こういう場は久々。
いろいろワークショップは受けてるし、引け目に感じてるほどではないものの、自分の立ち位置は「演劇やってる人」とは思わない。かと言って「やってない人」かどうかも微妙。

少なくとも自分でやるワークショップは主に「やってない人」向け。

90分で短い演劇作品を発表・・・というのはやっぱり「やってる人」向けでないと難しそう。
今日は「やってない人」も混ざっていたとは思うけど、やってる人に引っ張られてついていった感じかな・・・と勝手に推測。

参加者としては楽しかったです。さすが、やってる人たち90分でもできてしまうなあ、と。
できるだけしゃべらない作品を・・・という方向づけがあったのに、ちょっとしゃべり多めになってしまってもったいなかったかも。

「ワークショップ提供してる人」の視点がどうしても入り込んでしまうけど、その視点からすると、「演劇やってる人」向け「やってない人」向けは違うなあという当たり前のことの再確認になりました。途中のエクササイズやゲームもやっぱりやってる人向けかな。進み方速いし。「人間彫刻」的なこともあったけど、短時間ですっとできてしまうし。

演劇やってない人向けのワークショップをやっていて、かつ、自分が「演劇やってる人」というアイデンティティをもてないとなると、自分のワークショップは「演劇」を名乗るのはやめとこう・・・ということになるのだよな。
これも「演劇やってる人」の場に久々に触れた上での再確認事項。
[PR]
# by matsuzoh2002 | 2012-08-06 23:56 | その他ワークの参加体験
a0035574_22345160.jpg


今日はワークショップを受けに国登録有形文化財だという芝川ビル@淀屋橋へ。クラシックなカッコいい外観です。会場は4階のテラス横の部屋で、そこは外観の重厚さとはまた違うオサレな感じでした

受けてきたのは、ドラムサークル。なんと配信されてたものがアーカイブされてるではないですか。雰囲気を見てみたい方はこちらでどうぞ。

ドラムサークル、楽しかったです。元々打楽器好きなので、とにかくどがちゃかたたくというだけで気持ちいいです。
なので、ファシリテーターを務められてた「どんちゃか村」さんのドラムサークルのイベントには今後も参加させてもらおうかと思います。

『誰でも参加OK』「間違ってもいい,それが正解」というのが素晴らしいですね。敷居低すぎ。

「楽器とか太鼓とか苦手な人」という問いかけに数人の人が手を上げる。

それでもOK.苦手でもやってみようと思えるところが、1回ワンコイン500円でいろんなワークショップが受けられるというInternational Workshop Festivalならではなのかもしれませんね



ドラムサークルで太鼓や鳴り物叩いて思い出したのは、うちの押入れで眠っているタイの太鼓のこと。

15年くらい前、旅行の帰り際、なかなかいい音なので衝動的に連れて帰り、けど活躍する機会もあまりなく、死蔵されている。

「どんちゃか村」さんでは楽器の持ち込みも全然ありだそうなので、次参加する機会があれば持ち込んでみて、そのまま寄贈しようかな、と。

叩いてみて気に入ったら今後も愛用する可能性もなきにしもあらずだが、持ち運びが大変なので、そちらで活躍してもらったほうが、太鼓さんにとっても本望なのかな、と。



「誰でも参加OK」「間違ってもいい,それが正解」・・・そんなドラムサークルは心地よかった。

けどそれは、自分がどハマリして、自分でもやるようになった演劇(のようなもの)ワークショップも同じこと。

そして、最近はお休みしてるけど、ダンスのジャンルでも、それに近いビオダンサとも出会ってる。

各ジャンルの「誰でもOK 。間違ってもOK」と、せっかくいろいろ出会ってきてるので、一度に体験する機会があっても面白いね・・・というのがドラムサークル中に思い浮かんだもう1つの妄想。

「下手でもええやん!アート体験フェスティバル」みたいなものを1日か2日かけてやると面白そうね。
演劇、音楽、ダンス、取り揃えて。絵を描いたりするので同じコンセプトでいけるのがあれば組み込むもよし。

各ジャンルでそういうムーブメントが起こってるのは面白いですね。
「セラピー」の文脈で取り組まれてるものも多いですが、もう少し広い文脈で、世の中を元気にするお祭りをしてみたいかな・・・というとりあえずの妄想です。
[PR]
# by matsuzoh2002 | 2012-08-04 22:51 | その他ワークの参加体験
以前にも紹介してますが、東京を拠点に海外でも様々な演劇のワークショップを実践されている先輩である花崎攝さんがフォーラムシアターのワークショップを8月11日(土)~8月12日(日)の2日間されますが、まだ申し込めるということで、あらためてご紹介します。

フォーラムシアターは観客参加型で問題の解決策を考える演劇です。

問題が起こっている状況が演じられ、観客に問題提起がされます。
「このままではいけない」と感じた観客は、「私なら、この状況でこうする」というアイデアを思いついたら、劇を途中で止め、舞台に上がり、登場人物の1人に成り代わって、そのアイデアを実演してみるのです。

観客は状況を受身で眺めている存在から、主体的に状況を変えるために行動を起こす存在へと変わるように働きかけられます。

ぜひ1度体験してみてください!おススメします。

ワークショップの詳細は
こちら

2日目にはワークショップの成果が披露されるということで、そちらのみの見学も可能なようです。詳細は
こちら
[PR]
# by matsuzoh2002 | 2012-08-04 07:25 | ワークショップ開催のお知らせ
a0035574_20234681.jpg
さっき夕暮れ時に、全然環になってない、虹の欠片が見えたんです。
真ん中のやや上。ちゃんと映ってるかな?

曇りがちな中で、ここだけうまいこと光が反射したんでしょうね。不思議!
[PR]
# by matsuzoh2002 | 2012-08-01 20:23 | つぶやき
某ホームセンターでプライベートブランドの洗濯洗剤を買ったが、入ってた計量スプーンがいったい何グラム入るのかどこにも全く書いておらず、ただのスプーンだった。意味なし!

(追記)箱に小さく書いてあった。気づきませんでした。失礼しました。でもわかりにくい!スプーン本体に書いてくほしい。
しかも「すりきり一杯の容量 約35ml(25g~30g)」と微妙な表記
[PR]
# by matsuzoh2002 | 2012-07-31 10:01 | つぶやき
今までやったことないことをワークショップでためしてみたいと、文献にあたってみたら、その本に「創造的になろう。(本などの)情報源が与えてくれるものばかり当てにしないように。自分の力を試してみよう。」と言われたなう。

確かに。
おかげで、その本からエッセンスをいただいて、今までやってきたことをアレンジする方法を思いついた。
本に書いてあったエクササイズをそのまま試すよりも、今までのやり方をアレンジしたものの方が、場の流れには無理なくなじむような気がする。

いろいろ試してみよう!結局ワークショップは現場で起きるんだから。
[PR]
# by matsuzoh2002 | 2012-07-29 22:29 | ファシリテーターとして
2012年9月22日(土・祝) 13:00〜17:00
(初めての方は、できるだけ1時から5時までフルでご参加ください。部分参加希望の方はご相談ください)

会場:宝塚男女共同参画センターエル(JR/阪急宝塚駅すぐ)地図

心と身体を解放しながら、日々の暮らしやこれからの人生を見つめなおし、いろんなことに気づいて、元気になる場です。
2003年にきっかけとなる連続ワークショップを開催して以来、「フォーラムシアタークラブ」は9年以上継続しています。

ここ数年、平日の午後に開催してきましたが、来たる12月1日(土)にフォーラムシアターの上演をすることになり、平日午後には参加できない方々にも知恵と力を借りて、作品づくりを進めていけたら・・・ということで、9月からは土曜日にも開催し、平日との2本立てになります。

内容(予定)

◆からだでコミュニケーション・ゲーム
 ・交流を深める
 ・心と身体を解放する
 ・日常とは違うコミュニケーションで、日常を振り返る
 ・身体で表現するためのウォーミングアップ

◆ミニ・フォーラムシアター体験

「こんな状況はいやだ!」という状況をお見せします。
この状況を変えるにはどうしたらいいか?変えるアイデアを思いついたら、実際に変えられるかどうか、実行に移してみましょう。
観客参加型で問題の解決策を考える劇、それがフォーラムシアターです。実際に体験してみましょう。


◆からだで表現・入門
(ポーズをとって、いろんな「人」や「もの」になってみる
 =「人間彫刻」)

 ・日常の自分を離れて、いろんな視点・いろんな立場でいろんな感情を味わってみる
 ・複数のポーズを並べれば、さまざまな人と人の関係性を含んだ「場面」が表現できる

◆私たちの身近で起こる「こんな状況はいやだ!」を「人間彫刻」で表現してみる

「フォーラムシアター用の作品を作る」ということは、観客に「こんな状況はいやですよね?あなたらならどうしますか?」と問いかけるということです。
 私たちの身近なところで実際に体験したり、今後体験しうる「いやな状況を表現してみましょう。

★参加費=1000円

頭で考えても分からないことが、身体を使うといろいろな発見があって、スッキリ!・・・するかもしれません

初めての方でも、お気軽にお越しください。

◆申し込みは松田matsudah★osaka.email.ne.jp(★を@に変えて送信ください)まで
[PR]
# by matsuzoh2002 | 2012-07-29 01:29 | ワークショップ開催のお知らせ
26日のフォーラムシアタークラブ(FTC)でのひとこま。

人間関係ってむずかしいなと思う時は?と問いかけて、そんな瞬間を「人間彫刻」で表現してもらう。

人間彫刻は、複数の人にポーズを取ってもらって、しっくりくる位置関係に並べて、人と人との関係性を表現する方法。
「この人はこういう人で・・・」という説明をいっさいしないで表現してもらうことも可能。
つまり人間彫刻の「作者」以外は、彫刻になっている人も含めて、「この人たちは何者なのか」という言葉での説明を受けないままに、想像しながらワークを進めていくことになる。

そんな人間彫刻を表現してもらうと2人の人物が登場する構図になった。

「人間関係ってむずかしいな、と思う瞬間」に続いて、「こうなってほしくない、という状況」を表現してもらった。

距離を置いて、背を向け合って立つ2人。「断絶」という言葉がふさわしいような状況。

その状況から、ファシリテーターである僕が1回手をたたくごとに「1歩」ずつ、「役としてどう動きたいのか」という、その場の気持ちのままに、動いてもらう。(「1歩」は比ゆ的な表現で、動きたくなければ全く動かなくてもかまわない。動くとしても「1歩ずつ」ということ。)

1回ずつ手をたたいていくと、2人とも振り向いたあと、1人はすぐに背を向けて遠ざかり、もう1人はその背中を見つめる・・・という様な展開になった。
「作者」の説明を聞かないままに、彫刻になった「役者」の想像力にまかせた展開なので、これが作者にとってリアルな展開とは限らない。全く見当違いのありえない展開になることもある。けれども今回は、作者の反応を見ると、どこか意義のある展開になったように見受けられた。

今度は「こうなってほしい状況」を表現してもらう。

意外なことに、さっき「こうなってほしくない」ところから展開したものをほぼそのまま表現された。
1人は相手に背を向けて、もう1人が遠くから相手の背中を見つめてる。
これが「こうなってほしい状況」だと。

あえて作者の言葉による説明を聞かないままワークを進行させ、最後に何を表現して、それが展開されていく中で何を感じたのか聞いてみる。

すると「こうなってほしくない」と思って表現したものが、あとの展開をみると「これでいいんだ」と思えた・・・ということだった。「こうなってほしい」と今思えた、と。

つまりは、「『断絶』した状態にはなってほしくない」と思っていたのが、その後の展開を見て「適度に距離を置いた関係っていいな」と思えた・・・ということでした。

こんなこともあるんですね。
「こうなってほしくない状態」を表現することが「こうなってほしい状態」を見つけるきっかけになるなんて。

頭の中で考えているだけでは、なかなか起きないことだと思います。

頭の中で思い描いていたことを、言葉を超えた表現で外に出してみて、自分の手を離れて展開していく中で、思わぬ発見がある・・・・これも「劇的に動かすワークショップ」の醍醐味の1つだと思います。
[PR]
# by matsuzoh2002 | 2012-07-28 13:04 | ファシリテーターとして
ドラマセラピー教育研究センター主催、講師:熊谷保宏さんによって行われたフォーラムシアターのワークショップの様子が紹介されています。こちら

ドラマセラピスト尾上明代さんのページより
[PR]
# by matsuzoh2002 | 2012-07-28 11:44 | ファシリテーターとして
2012年8月30日(木) 13:00〜17:00
(初めての方は、できるだけ1時から5時までフルでご参加ください。部分参加希望の方はご相談ください)

会場:宝塚男女共同参画センターエル(JR/阪急宝塚駅すぐ)地図


心と身体を解放しながら、日々の暮らしやこれからの人生を見つめなおし、いろんなことに気づいて、元気になる場です。
2003年にきっかけとなる連続ワークショップを開催して以来、9年以上継続しています。

★内容

主な流れ

◆からだでコミュニケーション・ゲーム
 ・交流を深める
 ・心と身体を解放する
 ・日常とは違うコミュニケーションで、日常を振り返る
 ・身体で表現するためのウォーミングアップ

◆からだで表現・入門
(ポーズをとって、いろんな「人」や「もの」になってみる =「人間彫刻」)
 ・日常の自分を離れて、いろんな視点・いろんな立場でいろんな感情を味わってみる
 ・複数のポーズを並べれば、さまざまな人と人の関係性を含んだ「場面」が表現できる

◆私たちの「今」「これから」を「人間彫刻」で表現してみる
 ・自分を取り巻く状況を、様々な視点から見つめなおす
 ・これからどうしたいか、どうなってほしいのか、表現の世界の中で試してみる

※今年12月1日に観客参加型で問題解決を考える「フォーラムシアター」のワークショップを実施予定で、そのための作品づくりの準備も徐々に進めていきます。

◆参加費=1000円

頭で考えても分からないことが、身体を使うといろいろな発見があって、スッキリ!・・・するかもしれません

初めての方でも、お気軽にお越しください。

◆申し込みは松田matsudah★osaka.email.ne.jp(★を@に変えて送信ください)まで
[PR]
# by matsuzoh2002 | 2012-07-26 23:45 | ワークショップ開催のお知らせ
「フォーラムシアター」は観客に問題を提起して、問題に取り組んでもらうための仕掛け。

問題が発生して、困っている人がいる。問題の解決策を思いついた観客は、その困っている(役の)人の代わりに舞台に上がり、解決策の実行を試みる。

そのためには、「困らせる」役の人が重要。その人が急に優しくなったりしたら、せっかく用意した問題が、あっさり解決しすぎてしまう。
しっかりと「困らせてあげる」事も大事。その人が優しくないからこそ問題が起こっているのだから。
逆にあまりにかたくな過ぎて、どんな解決策を試しても何の変化も起きないのも困るので、バランスも大事なのですが、それはまた別のお話。

今日は「フォーラムシアタークラブ@宝塚」の日でしたが、その名前とは裏腹に普段フォーラムシアターをほとんどしてこなかったので、一部のメンバーは「困らせる」役をやることに苦手意識があることが判明。

無理やりやる必要はないものの、困らせる役はフォーラムシアターでは必要な役どころなので、できればできるようになってほしいもの。
困らせる役を演じる力を育てることにつながるようなエクササイズも、そういえばいくつかあったなあと思いつく。
次回はあまりやったことのないそのエクササイズを試してみるときでしょうね。

12月1日(土)にフォーラムシアターのワークショップ「人間関係ってむずかしい? あなたならどうする劇場(仮題)」実施予定。

そのために、今までの平日午後開催に加えて、9月からは土曜日にもフォーラムシアタークラブを開催することに決定!

次回平日は8月30日(木)午後、土曜1回目は9月22日午後の予定。

いろいろ楽しみになってきた!
[PR]
# by matsuzoh2002 | 2012-07-26 21:19 | ファシリテーターとして
パソコン買い換えて2ヶ月。
outlook express ⇒windows liveへとメールソフトも変わった。
案内メールを一斉に送っていたのを、今までと同じように送ってるつもりが、一部の人には届いてないという問題発生。

なんでだ?と思ってたけど、さっきやっと謎が解けた。

まとめて送るためにAというグループを作り、別に作ったグループB,C,D・・・をAの中に放り込んで、Aに送れば全員に送れるようにしておいた。

けどwindows liveで「グループ」は「カテゴリ」という似て非なるものになってしまい、Aの中に放り込んでるつもりのB,C,D ・・・はAから外れてしまっていた。
結果、Aだけに入ってる人には送れてたけどB,C,D・・・の人たちには送れてなかったのでした。

「似て非なるもの」って曲者。完全になくなってしまってたら、それにあわせて対処したものの、似たものが残ってたせいで、今までどおりでいけると思ってしまった。

変わったんなら変わったと、もっとくっきりはっきりわかるようにしてほしかったし、そもそも勝手に変えんな!っちゅう話。なんだかなぁemoticon-0130-devil.gif
[PR]
# by matsuzoh2002 | 2012-07-26 19:35 | つぶやき
今週月曜日のニュースでしたが、日本、42年ぶり優勝=米国の8連覇を阻む―ソフトボール女子というニュースが流れてました?

え?と思いました。「明日決勝!○○で生中継!」みたいなニュースやお知らせもないまま、いきなり優勝のニュース。
オリンピックから外れて、世界選手権こそが最高峰の戦いなのに、なんて地味な扱いなんだ。

ソフト協会のサイトを見る限り、TVでの生中継は全くなかった模様。生配信はネットであったようですが。それにしても告知不足では?

なんかもったいないと思う。メディアの扱いがお粗末なのは、関心がオリンピックへ向かいつつあるのも関係あるんだろうか。だとすれば時期が悪い。もっとオリンピックを外した時期にやればいいのに、なんでよりによって。

バレーボールのように、「世界選手権に次ぐ大会」を毎回日本開催にするような仕掛けがあってもいいのでは?
がんばっても3位くらいが精一杯のバレーがあれだけ盛り上がるのだから、1,2位が見込めるソフトならもっと盛り上がる可能性もあるのでは?

今回の世界選手権の日程を見ると、日本は準決勝で破れ、翌日に敗者復活⇒決勝を戦って優勝している。
つまり前日の時点では日本の決勝進出は決まってなかった・・・という辺りがTV中継のしにくさにはつながっているのかもしれないですね。

このあたりのソフトボール独特の敗者復活の進め方による面白さもあるとは思いますが、TV中継こそが盛り上げに必要と割り切って、盛り上がりやすい進め方を導入したりすることも必要かもしれない。
スポンサーを集めて日本開催なら、ある程度融通が利くようにできたりしないんでしょうかね。

以上、普段ソフトボールに注目しているわけでもない、素人の戯言でした。けど世界選手権が中継されるのを知ってれば見ただろう・・・っていうくらいの関心はありますよ。
[PR]
# by matsuzoh2002 | 2012-07-25 23:45 | つぶやき
アメリカでドラマセラピストの資格を取った方々の日本ドラマセラピー研究所が毎年開催しているフェスティバル。

僕も2008年の第1回でフォーラムシアターを体験してもらうワークショップをさせていただきました。興味関心の高い人たちが集まると、場は熱気を帯びるのは当然のことですが、複数のワークショップが開催されて、その中で表現を通して交流を深めることで、よりいっそう熱い場になっていったのを思い出します。

それ以来参加できていませんし、今年もちょっと参加できないかな・・・と思っているのですが、おススメのイベントです。
詳しくは上記の日本ドラマセラピー研究所のサイトまで。
[PR]
# by matsuzoh2002 | 2012-07-23 14:22 | ワークショップ開催のお知らせ