「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

身体で思いを形にするワークショップblog

karadaws.exblog.jp

「こうなってほしい!」「そのためには、今どうすればいい?」そんな思いを、「体で感じる」ことを重視しながら表現するワークショップの進行役(ファシリテーター) まつぞうのblog

<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アメリカでトレーニングを受けて、日本人初のドラマセラピスト資格を取った尾上さんのドラマセラピーのワークショップの案内メールが来ましたのでご紹介します。

ドラマセラピー教育・研究センターでも紹介されています。

東京でも連続セッションがありますが、僕が去年参加して今年も検討中なのは京都の方(10月2~30日、毎火曜夜) 。

京都では「「性別に関する違和感」を共に考えるワークショップ」も7/23(月)夜に京都で。

東京では日大の熊谷先生による「フォーラムシアターの半日ワークショップ 」もあるようですが、キャンセル待ちのようですね。フォーラムシアターが広まるのはありがたいことです。

ドラマセラピーは僕がやっているワークショップと重なる部分も多く、とても参考になります。
僕自身のやってることはセラピーではないですし何の資格もないので、セラピーを名乗るつもりもないですが、セラピー的な効果は多かれ少なかれあったりもします。ドラマセラピストになるためには何百時間ものトレーニングが必要だそうで、確かなトレーニングと実績に裏打ちされた尾上さんのセッションはぜひお勧めします。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2012-06-30 14:24 | ワークショップ開催のお知らせ
NHKの仕事ハッケン伝のザブングル加藤さん×雑誌編集者の回で紹介されていた「だるまさんの1日」というゲームを、月曜日のフォーラムシアタークラブでやってみました。

中学生がやってる遊びということで紹介されてました。中学校の授業をやってるときに知ってれば試してみてたことでしょう。また機会があればやってみたい。

すでにネット上では遊び方が紹介されてますね。こちらとか。

「だるまさんが転んだ」の変形で、オニが「だるまさんが転んだ」と言う代わりに、「だるまさんが笑った」「歯を磨いた」「トイレに行った」などと言って、言われた動作をするというもの。

リンク先では「鬼の合格がもらえなかった子は、鬼に捕まった事になります。」となっているので、「うまくいかなかったら鬼に捕まる」というルールを「だるまさんが転んだ」から踏襲しているようですね。「いろんな動作を楽しむ」ということに力点をおきたかったので、僕は捕まるのは無しでやりました。

面白かったです。捕まるのが無しにすると、「どう動作で表したらいいかわかりにくい」ようなものでも、言って見やすくなると思います。捕まるルールだと、そういう難しいことを言うのは「ズルい」ということになりかねない。何でも言ってみたらいいという自由度を高くしたいです。

順次オニが入れ替わって、楽しく遊びました。いろんな動作を楽しみながらできるという、ウォーミングアップにはいいゲームだと思います。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2012-06-28 12:55 | ファシリテーターとして
a0035574_19525190.jpg


雲ひとつない日の夕焼けはたいてい単調で、適度な雲がきれいな夕日を演出する。
今日も脇役の雲たちがいい感じでした。

金環日食の時は邪魔してくれた脇役だったけどな!
[PR]
by matsuzoh2002 | 2012-06-27 19:54 | つぶやき
昨日のフォーラムシアタークラブ終わりの夕方、会場から外に出ると雨の匂いがした。

子どもの頃から耳鼻科通いで、今でも鼻はわりとよく詰まることもあって、嗅覚はあんまり利かないほうだけど、雨の匂いには結構敏感な気がする。

「雨の匂いがしますね」と言おうとしたら、一緒にいた2人のうちの1人に先に言われた。

あぁ、やっぱり匂ってるんだ・・・と思ったら、もう1人は「え、『雨の匂い』って言葉自体はじめて聞いた」と言われた。
前にも「雨って匂いするの?」って反応されたことあったな・・・と思い出す。

人によって匂ったり匂わなかったりする匂いなんだよなと改めて思う。

調べてみると、



このにおいの原因は、ぺトリコールといわれる植物が土壌に発する化学物質で、雨の降り出す前、湿度80%以上になった時に空中に放たれ始めるもの。

昔は虹のにおいと考えられていたこともあったそうです。

現代の都会はアスファルトで大地が覆われ、樹木が少ないため、こんなロマンチックな雨のにおいを険ぐチャンスはなかなかありません。

たまには自然の中で雨のにおいをかいでみるのも、良い気分転換になるのでは?

雨のにおい:気象予報士の仕事、資格試験が分かる!




・・・ということらしいので、都会では匂いにくいようですね。

ただ、人によって匂ったり匂わなかったりするという話はネットでも拾えない。

実際どんなもんなんでしょ?

いずれにせよ、人によって感じているものが違うっていうのが、嗅覚を通して明らかになるのも、面白いですね。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2012-06-26 14:43 | つぶやき
毎月宝塚フォーラムシアタークラブ(FTC)の会場として使わせていただいている、宝塚男女共同参画センターエルで毎年12月頃に行われているフェスティバルでワークショップをやってみようという話が昨日のFTCで出ました。

フェスティバルはセンター利用団体相互で希望の時間帯や部屋を調整していくそうなので、まだ正式決定ではありませんが、できればやってみたい!と考えています。

そして、できれば、観客参加型の演劇「フォーラムシアター」を久々にやってみようということで考えています。

当初フォーラムシアターをやろうということで始まった集まりなのでフォーラムシアタークラブを名乗っているのですが、にもかかわらず、長いことフォーラムシアター以外のことをやってました。

何をテーマにフォーラムシアターを作るか、というのはとりあえず未定です。

ざっくり言えば、「人間関係」がテーマになるのはまず間違いないので、「人間関係のトラブル、あなたならどうする?劇場(仮)」みたいなタイトルなら、より細かくテーマを絞るにしても、絞らずにざっくりしたテーマのままにしておくにしても、どちらでもいけるかな・・・と。

絞るとしても、現状のFTCメンバーから出てくる話題だと「家庭でのコミュニケーション」あたりかなとは思いますが、今後数回のFTCの中で決めていければいいかなと思います。

次回FTCは7月26日(木)に決まりました。月1のペースで12月のフェスティバル前までに5回ほどありますし、やると決まれば、直前には、当日出演メンバーは何回か集まって、煮詰めていくことになるでしょう。

僕1人がファシリテーター兼役者という形でのフォーラムシアターもできないことはないので、それを最低ラインとして、何人が加わってより豊かな形のもに仕上げていけるのか・・・楽しみです。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2012-06-26 06:49 | ファシリテーターとして
(追記)7月6日、日程変更の連絡が主催者よりありました。詳細はこちら

以下、元記事です。



断続的に続いているブログです。emoticon-0100-smile.gif

僕が15年前に参加して人生を変える大きなきっかけとなったフィリピン演劇教育協会(Philippine Educational Theater Association (PETA)) のファシリテーターによるワークショップ。

今年は2012年8月18日(土)から26日(日)(※日程が間違っておりました。申し訳ありません)8月19日(土)から27(日)の8泊9日の日程で、フィリピンで行われるそうです。
18日と26日19日と27日は移動日(日本⇔フィリピン)になるので、7日間、現地の市民団体やコミュニティと交流をしながら、演劇ワークショップの基本について学びます。

・・・ということだそうです。
私松田は、主催者ではありませんが、詳細は、調整中だそうですので、興味がある方は、私松田までmatsudah@osaka.email.ne.jp(@は半角に変換の上)メールでご連絡下さい。主催者にその旨お伝えします。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2012-06-18 21:58 | ワークショップ開催のお知らせ