「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

身体で思いを形にするワークショップblog

karadaws.exblog.jp

「こうなってほしい!」「そのためには、今どうすればいい?」そんな思いを、「体で感じる」ことを重視しながら表現するワークショップの進行役(ファシリテーター) まつぞうのblog

<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

1997年以来毎年夏に行われている、PETAを訪ねてフィリピンでワークショップを受ける1週間のツアーが今年も開催されます。

自分たちの状況を見つめ直し、主体的に活動していくために演劇を活用する手法は、僕も最初PETAを通して学びました。
楽しく、ためになる旅です。強くおススメします。お問い合わせは下記まで。



フィリピン教育演劇協会(PETA)サマーワークショップ2010(APTW2010)
プログラム概要

Ⅰ コースについて
 草の根で活動する演劇人、社会開発に関与している人、教育関係者、個人、演劇を作る過程の活用に興味がある人など誰でも参加できます。このコースはPETAが実践している統合芸術手法(Integrated Art Processes)による体験ワークショップを含んでいます。社会開発とアドボカシー(政策提言)のための演劇、演劇と教育(theater-in-education)、即興演劇を体験します。地域・文化活動の拠点を訪ね交流を行います。参加者自身が考え、演じる作品のそのものが、ワークショップの総括になります。全体討論、グループ活動、実際に参加者自身で演劇を作る体験が、このワークショップでの全ての参加型活動プロセスを纏め上げるのです。

Ⅱ 目的
1.演劇制作プロセスを社会・人間開発に活用することに関心がある個人、グループが一緒に活動し、共通の理解と各自の活動フィールドでの必要や状況に適応するようにします。

2.人間・社会開発と教育のプロセスとして、知識、スキル、芸術文化に接する姿勢を発展、滋養する場を提供します。

3.参加者の考え方にもとづくテーマや経験を、即興での作品作りの材料として活用します。

4.フィリピンの歴史遺跡、住民、イベントへの見学、訪問を行い、見学・訪問先での個々の洞察をもとに意見交換を行います。

5.参加者の積極的、創造的参加を統合する作品を制作し、発表します。

終始楽しさにあふれた参加プロセスで、参加者がお互いに知り合えるよう進めます。

Ⅲスケジュール
第1日 8月21日(土)
マニラに到着
宿舎にチェックイン
開会式
セッション1
身体や気持ちをひらき、参加者同士知り合う。
オリエンテーション
 フィリピンについて
 プログラムについて

第2日 8月22日(日)
マニラ見学
 マニラ探訪-見所をまわる
 市内活動グループとの交流
 若者演劇グループとの交流

第3日 8月23日(月)
セッション2
PETAの統合演劇芸術(Integrated Theater Arts)
マニラ探訪をまとめあげる

第4日 8月24日(火)
即興演劇
小さな作品を作る
地方探訪の準備

第5日 8月25日(水)
地方探訪
 ラグナ湖畔の町々を訪ねる
 漁民の生活を深く知る

第6日 8月26日(木)
セッション4
 創造的即興
 地方探訪をまとめあげる

第7日 8月27日(金)
パフォーマンス(歌、ダンスなど)とワークショップで創った作品を現地の観客を前にして演じる

第8日 8月28日(土)
マニラに戻る
自由時間/買い物など
セッション5
全体のまとめ
PETAの芝居を観る

第9日 8月29日(日)
帰国

参加申込み、質問などは次までお願いします。
菊地(PETAサマーワークショップ実行委員会)
kawapic*nifty.com(*を@に変えてご送信ください)
090-4437-2175



 
[PR]
by matsuzoh2002 | 2010-06-21 01:05 | ワークショップ開催のお知らせ