「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

身体で思いを形にするワークショップblog

karadaws.exblog.jp

「こうなってほしい!」「そのためには、今どうすればいい?」そんな思いを、「体で感じる」ことを重視しながら表現するワークショップの進行役(ファシリテーター) まつぞうのblog

<   2009年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

速報で日時はお伝えしてましたが、詳しい情報です。

☆彡★ミ☆彡★ミ☆彡★ミ☆彡★ミ☆彡★ミ☆彡★ミ☆彡★ミ☆彡★ミ☆彡★ミ

うまい下手は関係ない!
ダンス・身体を通して自分とつながり、人とつながり、生きる喜びを感じる
「ビオダンサ」
 
6月21日(日) 午後0:15~2:45、 3:15~5:45 @大阪・玉造

☆彡★ミ☆彡★ミ☆彡★ミ☆彡★ミ☆彡★ミ☆彡★ミ☆彡★ミ☆彡★ミ☆彡★ミ

久保隆司さんによるビオダンサ、大阪でのクラス、第4回の開催が決定しました。

今年の1月から3月、5月と、2か月に1度のペースで開催してきましたが、次回は1ヵ月後に開催し、うまくいけば、今後は毎月開催の予定です。

5月は初参加の方が10名以上で、計20名の方に参加していただきました。

そんなに多くの方の参加は予想していなかったので、当初は定員は特に設定していなかったのですが、20名がぎりぎりいっぱいの会場です。今後も定員20名で募集します。

今回も、前回に引き続き、ビオダンサのよさをより多くの方に体験していただくために、ビオダンサ初参加の方には参加費1000円で体験していただけます!(ただし第1部のみ)

ビオダンサは、普通のダンスのイメージとは全然違い、決まった振り付けを覚えて、どんどんうまくなっていく・・・というものではありません。

ダンスはあくまで手段として、人とのつながりを感じながら、音楽に合わせて、自由に自分なりに身体を動かしていくもので、うまい下手は関係ありません。

なので、「ダンスは苦手」「経験がないから無理」と思っている方にこそ、ぜひ気軽に参加してほしいと思います。
きっと新たな発見がありますよ!

ぜひ1度、体験してみてください!

★ビオダンサとは?★

チリで生まれ、ブラジルなどの南米で育ち、イタリアなどヨーロッパにも広まっているダンス・ムーヴメントのワークショップです。
振り付け等が決まっているダンスではなく、音楽に合わせて、心のままに身体を動かし、人とふれあい、コミュニケーションを深め、自分を知り、人と知り合い、様々なことに気づいていく・・・そんな場です。

注)
ダンス経験は一切不要です。
ビオダンサは身体と感情面の交流を活性化します。様々な感情が出やすくなる可能性がありますので、特に精神的に不安定な状態にある方にはお勧めできません。

詳しくはビオダンサJAPANをご覧ください。

◆日時:2009年6月21日(日)
  2部制です。
 第1部:午後0時15分~2時45分
 第2部:午後3時15分~5時45分

(1部・2部は関連性のあるプログラムですので、できるだけ両方参加されることをおススメします)
(各開始予定時間より、30分以上遅れると、すでにダンスが始まっていて、入場できない場合もありますのでご了承ください。)
(1部に参加された後に、その場で2部にも参加するかどうか決めるのもOKです)

◆参加費:1部・2部それぞれ 3000円(両方参加すれば計6000円です)

       ただし、第1部に限り、ビオダンサの参加経験がない方は1000円!
       (参加経験がない方が1部・2部両方参加すれば計4000円です)
       (参加経験がない方が第2部のみ参加することも可能ですが、参加費は3000円いただきます)

◆定員=20名(前回は定員ギリギリでした。申し込みはお早めに!)

◆講師:久保隆司さん
◇プロフィール=ビオダンサスクールSan Francisco校 第1期生。ブラジル、イタリアなどのビオダンサのワークショップにも多数参加。心身の関係性に関心が高く、米国のJFKU大学院ではソマティック心理学(身体心理学)、インテグラル理論を専攻。心理カウンセラー、ローゼン・ボディワーカーでもある。カウンセリング心理学修士。東京在住


◆会場:レンタルスペース フロイデ(スペースⅡ) HP
    大阪市 東成区 玉津2-1-27 彩貴ビル5F
     (前回までは6階でした。今回は5階です。ご注意!)

◇会場地図:こちら 
 (玉津2丁目の交差点南東角・「寿司文吾」の南隣が彩貴ビルです)
 (必要でしたら地図をFAX等でお送りします)

◇会場最寄り駅:JR環状線「玉造」駅徒歩6分
         地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造」駅徒歩7分
         JR・近鉄「鶴橋」徒歩10分
         地下鉄千日前・今里筋線「今里」駅徒歩9分

◆申込み・問合せ:matsudah*osaka.email.ne.jp(*を@に変えて送信してください)松田まで事前に申し込みをお願いします。

お名前、連絡先(メールアドレスと携帯番号)および、1部・2部の両方または片方の参加希望なのかと、ビオダンサの参加経験の有無をお知らせください。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2009-05-30 17:52 | ワークショップ開催のお知らせ
2ヶ月の試用期間は6月12日までのはずだが、なぜか今日呼び出され・・・

AとBの2つの仕事の担当だったけど、Bの方が全然できてないじゃない。これくらいできるはずでしょ。そんなあなたは使えない。クビ!

・・・ってなもんですわ。言い方は丁重だったけどね。

Aの仕事は、僕だけの担当ではなく、何人かで分担みたいな話だったのが、10日くらい前に急に僕専任を言い渡された。

Bは、もともと僕の担当だったけど、これまた10日くらい前により負担が重くなる形を言い渡された。

すべては言い渡される。一応、こんな風にしようと思うけど・・・という打診の形を取ってくるが、NOと言えない雰囲気丸出し。

NOと言ったら言ったで結局「使えない」という結論は一緒だったろうしな。

そもそも週4でいい・・・と言われたから始めたお仕事だが、最初2週は様子見て週5で働き、連休明けにたった1週、1日休んだ週があったが、それ以降は休むとあとあと大変になるのが目に見えたので、結局週5。

そんな状況で負担が増えると言う。騙された感を感じつつ、不況な折、週5で続けるのもやむなしかも・・・という気持ちもあり、様子を見ていた。

AとB2つの仕事の負担が重くなっても、週5ならなんとかなるかも・・・そう思っていたが・・・

任された途端、Aの仕事が今まで以上に急増。自分では量を制御するのは不能なので、忙殺されつつも、なんとかこなす。
そんな中、Bに振り分ける時間はほとんどなかった。

でBに関する打ち合わせが今週水曜に予定されていたが、Bの関係者で、僕以上にBに詳しいXさんとの打ち合わせなので、その人に教えを乞えばいいだろう・・・くらいのつもりでいた。Xさんに資料を求められるかも知れないが、それはPC内やらファイルやらにあって出せるものは出せばいいし、ないものは今後つくればいいくらいのつもりでいたが・・・

前日になって上司が、その打ち合わせで出す資料を見せろと言う。しかしAに忙殺されているのでそれどころではない。そもそも前日まで、そんな話はまったくなかったではないか。

Aに忙殺されてるので、そっちの資料はできてないと言うと、AもBも両方できないと困ると上司は言う。

いやAが忙しい時期と、Bが忙しい時期が重なれば、今以上に忙殺される。そうなれば誰がやってもパンクすると言っても、いやできるはずだと上司。

らちがあかない。仕事の割り振りがおかしいと問題提起しても、僕が使えないと言う結論を押し付けてくる。

それ以前から、なんとも思いつきで言ってることがころころ変わるなぁ、やりにくいなぁと思っていたが、こと、ここに極まれり。

ほんで僕を首にして、またスーパーに仕事をこなせる人を探すみたいである。
日給1万、年収300万以下で、そんなスーパーな人、来るか?
ある人材を活かすと言うマネージメントはできないのであろうか。
Bの前任者(Aもやってた)は同様に試用期間後辞めているそうである。辞めちゃってたのでその人とは会ってないけど。なんか、また同じことが繰り返されそうな予感。
担当者がころころ代わるというのも、対外的な信用はどうよ?と思うのだが。

上司、人としては面白いですよ。でもマネージメントは大疑問。

クビを宣告されたものの、周りの人たちはとてもいい人たちぞろいで、職場の雰囲気は好きだから、迷惑かけたくないし、次の仕事が決まるか、後任が決まるまでは、消化試合をこなしに、勤めますけどね~。
「使えない」僕でも、辞めると、周りのみなさまがさらに忙殺されてしまいますからね。
立つ鳥あとを濁さない感じで立っていきますよ。

とりあえず、また職探しですよ。

すでに、日付が変わって昨日、金曜締め切りで、演劇を通して災害地や紛争地の心理的・社会的ケアに関わる京都のNPO/NGOのお仕事に、滑り込みで応募しましたよ。

1週間くらい前に、人づてに情報を聞いて、その時点ではピンときてなかったけど、職場の情勢が代わって、今週になって急速にこの仕事間に合うなら応募すべしと滑り込んで、何とか間に合った。

演劇使うお仕事なんてめったにないし。これなら週5でも喜んで。

さてうまいこと引っ掛るといいんだけど。死んだその日に生き返るみたいなタイミングだし・・・。

P.S.でもなぁ、Aの仕事来週火曜日くらいで忙殺期が過ぎて、一気にヒマになりそう。
たまたま来た忙殺期だけを見て、判断するのって、ホント見る目ないなぁと思うよな。
僕がマネージメントするなら、僕はB専任にして、Aは複数で分担するのがいいと思う。忙殺期と閑散期が極端に分かれるなら、担当1人にしないほうがいいでしょ。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2009-05-30 01:43 | つぶやき
6年前から月1回のペースでおこなっている「フォーラムシアタークラブ」。
平日午後に開催する時期を経て、先月は久々の土曜開催。今月は日曜日に開催します。

会場は今日まで新型インフルエンザの影響で閉館してましたが、明日から再開予定だそうです

日常で起こる様々な「うまくいかないこと」の解決策を、あるいは目標や夢の達成を、どうすればうまくいくか、みんなで一緒に考えてみよう・・・という場です。

職場や家庭や友人関係などなどの様々な場で、関係の難しい相手がいたり、なんか腹が立つ事や納得いかないことに遭遇したり、やろうと思っているのになかなかできないことがあったり、望ましくない状況にいつの間にか巻き込まれていたり・・・そんな個人的なできごとは、意外と多くの人が共感できる、普遍的な出来事かもしれません。
そんなうまくいかなかった出来事に、どう対処すればいいのか、みんなで知恵を出し合います。

言葉で話し合うだけでなく、「人間彫刻」という手法を使って、その出来事に遭遇するとどんな気持ちになるのか、体感的に再現しながら考えていく・・・というのがフォーラムシアタークラブの特徴です。
頭で考えるだけでは分からなかったような、新しい発見を、きっと体感できるはずです。

人間彫刻に慣れていくために、最初は身体を動かしてコミュニケーションを深めていくことから始めていきます。
交流が深まって楽しいですよ!

最近は「人間彫刻アニメーション」という方法を多用しています。

例えば自分で描いた絵が、勝手にアニメになって動き出したら面白いと思いませんか?

場面を、身体で表現するのが人間彫刻。

普通の絵は勝手に動きませんが、人間彫刻は動いてくれます。

最近の私を、言葉で説明しないで、人間彫刻で表現して、彫刻たちにどんな場面か想像して動いてもらったら・・・絵が勝手にアニメになるような不思議な面白さがそこにはあります。

是非1度体験してみてください!

初めての方も大歓迎です。ぜひ気軽にご参加ください。

◆5月のフォーラムシアタークラブ

5月31日(日)午後1時~午後5時に行ないます。

会場は宝塚市立男女共同参画センター(阪急・JR宝塚駅すぐ・宝塚阪急ソリオ2・4階)です。
会場地図=こちら

■参加費=1000円

■5月の内容(予定)

身体でコミュニケーションするゲーム
      ↓
「最近の自分」を振り返る人間彫刻のワーク
      ↓
人間彫刻を使って、「うまくいかないこと・いやな思いをしたこと・気になっていること」などを振り返って、整理して、どうすればうまくいくのか解決策を探るワーク

の予定です。

※6月以降のフォーラムシアタークラブの開催日は未定です。

◆申込み・問合せ:matsudah★osaka.email.ne.jp(★を@に変えて送信してください)松田まで事前に申し込みをお願いします。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2009-05-24 22:56 | ワークショップ開催のお知らせ
週に1度のDVDでの映画鑑賞ブログみたいになってた時期もあったけど、最近めっきり映画観なくなってるな~忙しくて。

久々にレンタルしたけど、感想書くまでに1週間経過。だいぶ忘れた。

ほんとは「ぐるりのこと」借りたかったけど、全部貸し出し中だったので、同じ監督の旧作を。

ゲイのカップルと、その1人に子ども作りたいと迫る女の3人の物語・・・ってでも、その女にちょっとついていきにくかったので、あんまり評価高くないかな~。そんなこという女の人は、当然強引だし、ぶっ飛んでるわけですが、どうも痛々しい気がしてねぇ~。

でも、3人と家族のからみはなんだか面白かった。

監督自らゲイだということなので、家族との間にいろいろ起こることはリアルなんでしょうねきっと。興味深かった。

そんなこんなで☆7くらいの評価で。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2009-05-22 21:37 | 見た映画
取り急ぎ日程のみのお知らせです。

ビオダンサの翌日にお仕事ってパターン初めてだったので、今日は疲れたのら。

ビオダンサはしっかり楽しんだからいいのさ!

おやすみなさい
[PR]
by matsuzoh2002 | 2009-05-19 00:35 | ワークショップ開催のお知らせ
明日のビオダンサはまさかの20人申し込みで、現在キャンセル待ち・・・でしたが、お一人キャンセルが出ましたので、ただいまお一人受け付け可能です。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2009-05-16 17:25 | ワークショップ開催のお知らせ
明日の午後開催されるビオダンサですが、会場のキャパ的に限界を超えてるかも?という20人の申し込みがありましたので、キャンセル待ちになっております。

前回は8人くらいだったし、過去最高でも大阪では15人くらいだったので、いい意味で予想を裏切る大盛況です。

そもそも定員を明記してませんでしたしね。こんなに来ると思ってませんでしたからemoticon-0110-tongueout.gif

これも初参加者1000円キャンペーンの成果ですかね!

実際のところ20人は無理があるかも・・・な人数なのですが、まずはやってみて、適正な定員がわかるかな・・・というところです。

16日中にこれを読んで、参加したてみたかったのに~という方がいらっしゃいましたらmatsudah☆osaka.email.ne.jp(☆⇒@にして送信)までメールください。
キャンセルが出てるかもしれません。

追記:16日PM0:30現在 1人キャンセル出ました
[PR]
by matsuzoh2002 | 2009-05-16 02:15 | ファシリテーターとして
日本時間の今朝、ボアール追悼イベントが世界各地で行われ、7時から1分間の黙祷が世界中で捧げられるということで、6時55分に目覚ましをセットして、TVをつけ、時刻を表示してくれてるチャンネルに合わせて備えていたが、肝心の7時にはうとうとしていて、ふと気がつくと7時1分。

ダメじゃん俺!emoticon-0110-tongueout.gif

気を取り直して、世界中のみなさまから出遅れつつ、7時1分から黙祷。

他の人たちに合わせるのも大事だが、自分のペースで進んでいくのも大事だな・・・ということを強く感じながらの黙祷になりました。

乗り遅れたおかげで、流されないで自分の力を見つめ直すよい機会になった・・・そう捉えておく。

今日は「国際被抑圧者の演劇機構」のメーリングリストでメールが届き、ボアールに捧げる歌があって、ポルトガル語だったものが各国語に訳されているという。

こちらのページを見ると、ポルトガル語の歌詞や、YouTubeの歌ってる映像へのリンク、各国語の訳詞や、歌ってる音声などにリンクしてます。

YouTubeを見ると、すでに今年の3月にはアップされてるので、追悼の歌というわけではなく、生前に捧げられたようですが、追悼にもふさわしい歌詞ですね。

日本語訳はないので私訳してみました。

・・・といっても、ポルトガル語は分からないので、英語の訳詞と、ポルトガル語⇒英語のオンライン翻訳を頼りにしたものです。



ボアールは本物のアーティスト

私たちきょうだいの1人

その演劇で私たちは力を回復する

この世界での彼の役割は

人々にアートを取り戻すこと



被抑圧者の演劇で 私は声を取り戻し

絵を描き 詩を書き 歌う

アートが私を創造者にする

私たちは信じている

正義と愛に満ちた最高の世界を



本来は誰もがアーティストなのに、一部の才能ある人だけがアーティストになってしまってい、普通の人は無力感を感じている状況にインパクトを与えた、ボアールにふさわしい歌詞ですね。

正義とか、大きすぎて自分では使わない言葉ですけど、やっぱり正しいと思えないことはしたくなかったりしますしねぇ~。

ボアールの活動は全体的にとっても精力的で、勇ましくって、なかなか真似できないので、僕はまったり活動していこうと思うし、まったりが今の日本にはもっと必要だと思うのですが、やたら忙しかったりする状況にインパクトを与えて、まったりした状況に変えていこうと思ったら、自分なりに精力的にやるしかないですからね~。

私の役割は アートを通して人々にまったりとした遊び心を取り戻すこと 

・・・みたいなことを言いたいんだな、俺。

最高の世界が創造できると信じていたいっす。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2009-05-10 23:26 | ファシリテーターとして
2ヶ月ぶりの大阪でのビオダンサが来週の日曜、17日の午後に迫りました。

詳しくはこちら

ファシリテーターの久保さんのプロフィールを、詳細ページに追記しましたが、ここにも掲載しておきます。

◆講師:久保隆司さん
◇プロフィール・・・ビオダンサスクールSan Francisco校 第1期生。ブラジル、イタリアなどのビオダンサのワークショップにも多数参加。心身の関係性に関心が高く、米国のJFKU大学院ではソマティック心理学(身体心理学)、インテグラル心理学を専攻。心理カウンセラー、ローゼン・ボディワーカーでもある。カウンセリング心理学修士。東京在住
[PR]
by matsuzoh2002 | 2009-05-10 13:33 | ワークショップ開催のお知らせ
東京在住の友達、DAYAが来週末は関西でワークショップをします。

DAYAはプロセスワークの葛藤解決修士コースのクラスメイトで、僕は中退してしまいましたが、DAYAは来月修了・・・のはずですよ。(がんばってね。)

5月15日(金) 個人セッション @神戸
5月16日(土) OHカード1DAY @神戸
5月17日(日) マザーワーク @大阪
5月18日(金) OHカード1DAY大阪

詳しくはDAYAのブログを見てください。

OHカードのワークは東京で1度受けたけど、イマジネーションをかき立てる絵の描かれたカードを介して、自分の中での対話、人との対話がいろいろ生まれてきて楽しかったです。

マザーワークは、DAYAが力を入れている、プロセスワークを活用したワークです。

今回のマザーワークは、そんな根強い自己否定感に悩み「自分をもっと認め、肯定して、自分らしく生きられるようになりたい」と願う方におすすめのワークショップです。 

 「マザー」という名前がついていますが、お子さんのいるいないに関わらず、未婚や既婚にもこだわらず、あらゆる女性にご参加いただけます。


・・・だそうです。

僕はどれにも参加できないのですが、どれもおススメですよ!
[PR]
by matsuzoh2002 | 2009-05-09 22:35 | ワークショップ開催のお知らせ