ブログトップ

身体で思いを形にするワークショップblog

karadaws.exblog.jp

「こうなってほしい!」「そのためには、今どうすればいい?」そんな思いを、「体で感じる」ことを重視しながら表現するワークショップの進行役(ファシリテーター) まつぞうのblog

<   2008年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

次に自分で企画するワークショップでは「頭の中の警官」をやってみようかな・・・という気分が、昨日辺りから、自分の中で急浮上。

「頭の中の警官」はブラジルのアウグスト・ボアールがはじめたワーク。
「頭の中の警官」とは、自分の頭の中で、「あれはしてはいけない」「ああしなきゃいけない」といろいろと指図してくるような声のこと。

警官を悪者にするつもりもないので、自分でワークするときは、違う名前にするかも知れませんが、もともとのボアールのネーミングとしては、「警官」は社会的抑圧の象徴。
「あれをしてはいけない」「これもダメと」人々の自由を奪い、抑圧する存在。

それが頭の中に内面化されてしまった・・・ということで、自分で自分を縛り、不自由してしまっている声だけど、元々は自分の声ではなくて、親とか、教師とか、親戚とか、友達とか、パートナーとか、マスコミとか、外部から入ってきた声。

必ずしも間違ったことを言う声ばかりではなくて、「子どもの頃には役立つアドバイスだったけど、成長した今となっては不適切」な声だったり、「状況によっては有効なアドバイスだけど、今は合わない」声だったりする。

もちろん「お前はバカだ」とか「お前みたいに能力がないやつにそんなことができるわけがない」みたいに、とことんネガティブで、まったく有効なアドバイスになりえないものもあるでしょう。

そんな声を「人間彫刻」を使って形にして、必要がないことを「警官」とどう対処するか、探っていこう!・・・というものです。

個人の頭の中の「警官」が、実は他の人にも共通していたりして、個人のワークがグループのワークにもなっていくはず。

かなりセラピー的な手法だということもあり、うまくこなせるかどうか若干不安なこともあり、今まであまりする機会がなかったのですが、最近はセラピーに近い中身になることも多いし、プロセスワークをそれなりに勉強してきたこともあって、今の自分なら、以前とは、一味違ったものに出来るのではないかな・・・と。

あと、そこそこの人数(10人とか)が集まらないとやりにくい・・・というのが本来の姿だと思うので、それだけの人数がなかなか集まらない・・・ということもあったのですが、プロセスワークの経験を応用すれば、もう少し少人数でもできそうな気がする。

あとは、これはある程度長時間が必要なので、10時~17時くらいの設定が必要ですな。

時間が長いと人が集まらないのでは?ということで、最近の自主企画は午後だけの設定が多かったですが、久々に午前+午後でやってみようと思います。

まずはじっくり準備しよう!と、関係する英語の文献を読み始めました。
やる気になると、英語もすすっと入ってくるわ~

何かが始まった感じですよ!004.gif
[PR]
by matsuzoh2002 | 2008-06-24 04:42 | ファシリテーターとして
前々から受けてみたかった、コンタクト・インプロビゼーションのワークショップが京都で受けられるという情報を、ミクシイで発見。

情報はこちら

参加費もリーズナブル。これは行くことに決定。

まずは7月週1で5回。気に入れば9月以降11回も行ってみよう。

以前東京で「ワークショップアラカルト」があった時に、即興実験学校の「どみんご」さんのインプロのワークもプログラムに入ってて、その中で、「これは、コンタクトインプロのワークですよ~」というのがあって、それがとても興味深かったんです。

以来、機会があれば受けてみよう・・・と思いながら、5年ほど経ってますが、ついに機会が訪れた感じ。

相手とコンタクト(接触)しながら、即興(インプロビゼーション)で動くダンス/ムーブメント系のワークということで、面白そう。

ビオダンサよりも、より動くんでしょうね、きっと。

ビオダンサとあわせて、今年は、ダンス/ムーブメント・ルネッサ~ンスな感じです。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2008-06-22 02:03 | つぶやき
予告編を観て、ブラジルの大スター歌手の実話に基づく話だということで、ブラジル音楽好きとしてはアンテナが反応。

でもブラジル音楽好きの僕でも全然知らないアーティストでした。
セルタネージョっていうブラジルのカントリー・ミュージックのアーティストだということで、僕の守備範囲外でした。
興味のなかったジャンルとは言え、さすが14枚のアルバムが2200万枚売れてるアーティストということで、流れてる音楽は結構いい感じ。ブラジルの人口は日本よりも多いとは言え、平均でミリオンセラーってのはすごいねー。

で、物語は息子の生まれる前のところから。
農民のフランシスコは息子を音楽の道へと導くんだけど、フランシスコ自身が楽器をやってたとかいうこともなく、だから当然息子の音楽の才能を見抜いたという訳でもなく、しかしなけなしの財産をはたいて、安くはないアコーディオンを買い与えたりする。

これで息子に音楽の才能がなければ、無謀な賭けに失敗…ってところだったけど、賭けは当たり。
「イカれた」奴と言われてるフランシスコお父ちゃんだけど、イカれてなければ、環境的に息子の才能は開花しなかっただろうから、無謀な賭けも結果オーライ。

家族の危機を息子達の才能が救い、チャンスに恵まれない息子を、お父ちゃんのイカれた地道な努力が支え…という麗しい家族の物語なのでした。
お母ちゃんの注ぐ愛情もいい感じ。

タイトルが「息子達」でなく「2人の息子」というのも、終わってみれば意味深。「2人」だけど、「2人」じゃなくて、でもタイトルとしては「2人」なんだよなぁ・・・。

前半は、エージェントとのからみも面白かったし、いい流れでしたが、後半は、ややダレた感じ?今も活躍中の方を描いているだけに、おさえておきたいエピソードが多くってちょっと散漫になっちゃた感じでしょうか。

それでも最後まで、飽きずには観られました。

音楽もよかったですよ。CD欲しい!…とまではなりませんでしたけど。

☆7つ、ということで。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2008-06-22 01:52 | 見た映画
ブログを書く習慣、一度崩れると、そのまま失われがちですわな。

書くネタをひらめいても、なんかスルーしてしまって、この場で表現しなくなってしまう・・・。

別にしなきゃいけないものでもないし、やめたきゃやめればいいのですが、せっかく続けてきたので、自分を守り立てる場として、まだしばらくは活用してみたいですね。

東京のビオダンサスクールに行ってる間は、いろいろあって書くモチベーションが上がったのですが、大阪に戻ってみると、なんかいろいろと書きにくいこともあり、10日以上間が空きましたね。
東京行く前も空いてたし。

東京行く前に、そろそろ働かねば気分が高まって、友達に誘われて、タイマッサージのお店のバイトの面接を受けたのですが、土日休むなら深夜勤務or土日出るなら昼間勤務と言われ、土日は何かと休みたいし、かと言って、午後9時~午前5時の逆9時5時はしんど過ぎ・・・と思って断念。
1,2ヶ月の研修の後に、マッサージ師になるなんて、面白そう~と思ってたんですが、今回はご縁がなかったっつうことで。

その後、派遣で、イベント手伝いの単発の仕事に登録したものの、3週間以上経つけど、いまだ仕事の依頼無し。
今後もいつ依頼があるやも知れぬし、このまま全然ないかも?

収入のあてには、まったくならないお仕事ですな。

お仕事探し、まだ本格的にはしてないですな。
派遣の情報、送られてくるものは、前よりは本気で見てるけど、まだお尻に火がついてない感じ。

まだ働きたくないよう~011.gif・・・と思っている部分も僕の中にはあるわけで、そうは言っても、そろそろ何とかせねば・・・という気持ちもじわじわと高まりつつはあるのですが・・・

結局ファシリテーターを本業にしたい!と思って、現状があるわけで、でもどういうファシリテーターをしたいのか・・・というのをもう少し明確化して、ホームページを組み立てたい・・・と思いながら、ずるずる現在に至っているわけで、それに決着をつけないうちに、本格的に仕事を探してしまうと、ファシリテーター業がすっ飛んでしまいそうなのが、怖いのですな、どうやら。

ビオダンサと出会ったことで、自分が何を目指したいのか、少し明確になってきた感じはある。このブログはそれをまとめるための場として活用できればいいのだろうな。

パソコンに向かえばゲームに逃げてしまうと言う日々が続いているのですが、少しずつ逃げないで、表現していきたいと思います。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2008-06-21 04:22 | ファシリテーターとして
関西での次のビオダンサは

6月22日(日)午後2時~4時

場所 西宮市立上甲子園公民館2F 講堂(上甲子園市民サービスセンター内)
住所 兵庫県西宮市甲子園口3-9-26
TEL  0798-67-4329
*JR神戸線甲子園口 南口より歩5分
南口ロータリーを出て東京三菱UFJ銀行のある甲子園口本通商店街を入り一つ目の角のヌーベル甲子園口(チケット屋)を右折して200m
参加費 3000円
申し込み・問い合わせはこちらから

ビオダンサの目的は・・・(ビオダンサジャパンのサイト参照)

●ストレスに満ちた現代の生活で押し込められてしまった、心と体を開放する

●免疫系の強化

●自分自身をより深く理解し成長するように導く

●感性を刺激し、自分自身の潜在的な能力を最大限に表現することを助ける

●日常生活に大きな愛と情熱をもたらす

●他の人々との絆、人間関係を深める

●世界との一体感に目覚める

●愛に根ざした意識を広げる

・・・ということです。

実際に受けてみると、ふむふむ、なるほど005.gif・・・という感じです。
ぜひ1度体験してみてください!

もう1人のファシリテーター、「J」の次回クラスは7月12日(土)夜@大阪・弁天町の予定です。
詳細の連絡がJからあり次第、ここにもアップする予定です。

次回西宮は7月26日(土)の夜)19:00~21:00(開場18:30)
場所 西宮市立中央公民館6F 講堂
住所 兵庫県西宮市高松町4-8プレラ西宮 6F
TEL 0798-67-1567
*阪急電鉄神戸線西宮北口駅 歩3分(注!西宮駅ではありません) 
です。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2008-06-21 00:36 | ワークショップ開催のお知らせ
帰りのバスまで時間があったので東京駅近辺を散策しようと思った。
さっきまで降ってた雨は、そう思った時点では止んでたので、皇居のお堀方面へ出発~。 その後また降り出したけど、雨の中でも散策続行。

途中国会議事堂を経由。
車の中から見掛けたことはあったけど、歩いて前まで来たのは初めて。
うちの中学の修学旅行は、僕らが行く数年前まで国会議事堂がルートに入ってたのに、落書きをした馬鹿がいたらしく、東京自体がルートから外れた…なんてことを思い出した。

半蔵門まで来て、地下鉄で東京駅に戻る。余裕を持って乗り込んだはずが、「線路に落ちたアルミの風船の除去」とやらで、なかなか発車してくれない…(*_*)

結局ぎりぎりになってしまい、大手町から歩くべきか、乗り換えて東京駅まで乗るべきか、どっちがいいんだろう…って思いながら大手町で降りたら…傘忘れたよー(+_+)

先月東京来た時も忘れてるし(多分駅のトイレ)、それ以前にも東京で忘れたことある記憶が…。

手元を離れると、忘れてしまうんだよなーf^_^;
今回も折りたたみを足元に置いたら、完全に意識から消えてた(^O^)
折りたたみは忘れがちだから、足元でも片足に乗せとくんだけどねー、普段は。
傘の忘れ癖は直りませんわ。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2008-06-09 14:45
a0035574_1412283.jpg

東京です。
今日は天気もよく、宿から会場まで1時間ほど歩いてみました。
宿も会場も隅田川からそんなに遠くないので、途中はずっと川沿いの、歩くにはいいルート。ちょっと暑かったけど快適でした。

で、会場は両国駅近くで、両国といえば国技館!ということで、国技館近くの川沿いの遊歩道には、鉄柵に相撲の四十八手が描かれてました。

そのうちの一つがなんとも不思議な技。

白い力士の首の後ろの枕みたいな位置に黄色い力士が…。
「しゅもくぞり」ってことは、反り技?
つかんだ相手を、身体を反らしてこの位置に?
バックドロップみたいな?

相撲でそんな技できるん?
謎でござんす
[PR]
by matsuzoh2002 | 2008-06-08 01:41
夜更かしの癖がついて、まだ眠れませんが、明日は7時前には家を出て、東京へ向かいます。明日って、もう3時だから4時間後だけどね。

ビオダンサのスクールに行ってきま~す。

9日の月曜の夜に大阪に戻る予定。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2008-06-06 03:02 | つぶやき
怖いよ~。冤罪。

痴漢はあかん。

でも無実の人が有罪になるのもあかん。

結局真犯人はおとがめなしだし。

勇気を持ってつかまえた子の立場をおもんぱかれば、誰かつかまえて有罪にしたくなる気持ちもわからんでもない。裁判官もそういうほうへ転がったんだろうよ。

でも、やってないとは判断し切れないから有罪・・・みたいなこと言われてもなぁ・・・。

自分の隣のヤツが、自分の前にいる人を痴漢してても気づけない・・・という満員電車の込み方が異常。
そんな異常な密着空間が日常的だという不幸。

今は幸いにして、通勤ラッシュにほとんど遭遇しない日々だけど、かつては身動きが取れない通勤電車に揺られてたこともあるし、勇気ある女性が痴漢をつかまえてる状況に、同じ車両のかなり離れた所から、声だけ聞こえてきたこともある。

当時は痴漢冤罪はほとんど話題になってなかったけど、捕まえられた男は否定してたような・・・。
否定してても「やっちまったんだろうなぁ・・・」と思ってた。
でも冤罪だったかも知れない。
離れた所からでは判断不能。

離れてなくても判断不能だったかも知れない。

そんな異常な空間が存在する限りは、痴漢もなくならんのやろなぁ。
そして痴漢冤罪も起こってしまうだろうなぁ。

勇気を持って、痴漢の犯人をつかまえたのに、捕まえ間違えて、無罪・・・というのも不幸だわな。

かと言って、冤罪の可能性があれば、すべて無罪・・・という方向に裁判が向かっていけば、実際にやってても無罪・・・というケースが増えていってしまうだろうし。

ううむ、悩ましい。

結局、満員電車なんとかならんのかい!と思うけど、そう簡単になんともならんのよなぁ~。

通学時間を遅くして、通勤ラッシュとずらせないか?・・・とも思うけど。

映画の話というよりも、満員電車の話しかしてませんが、映画は、最後まで見せる出来でした。
☆8.5
[PR]
by matsuzoh2002 | 2008-06-05 21:40 | 見た映画
去年の12月から履き始めたMBTシューズですが、最初のうち慣れるまでは靴擦れなどがひどく、履きこなすまで大変でしたが、慣れた今では独特の履き心地が心地よいです。
先月は3泊4日の東京行きもMBT履いて行ったし、すっかり慣れました。

で、昨日から半分しか映らない041.gifTVをBGM的につけていると、関西ローカルの「ちちんぷいぷい」で紹介されてましたな。

ユーミンや蒼井優も履いてるとか・・・。

なんかメジャーになってきてるんかな?

3万円とお高いけど、売れたら安くなったりせーへんかな?

毎日放送の近所の売ってるところ・・・ということで登場したのは僕も買った「阪急ings」でした。

売り場担当の方も登場してましたね。多分僕が買った人だと思うんですが、相変わらず下半分しか見えないTVで顔確認できず。あはははは。037.gif
[PR]
by matsuzoh2002 | 2008-06-03 15:29 | つぶやき