「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

身体で思いを形にするワークショップblog

karadaws.exblog.jp

「こうなってほしい!」「そのためには、今どうすればいい?」そんな思いを、「体で感じる」ことを重視しながら表現するワークショップの進行役(ファシリテーター) まつぞうのblog

<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

土曜日の「ドラマチックしゃべり場」は、人数が集まらずに中止になってしまいました~。
残念。

最近は観た映画の感想も書いてないままだったので、ちょっと時間は経ったけど書いてみます。

ツォツィ」は南アフリカが舞台の映画。

これを観る前に、アフリカからイスラエルへ向かう映画が2本続いたこともあり、個人的プチアフリカ映画特集です。

再来年にはワールドカップもあるというのに、南アフリカは治安が悪いという情報が多くって、ツォツィもそのイメージが補強されてしまうような、非道な若者が主人公。

主人公は「ツォツィ」と呼ばれてるけど、それは不良という意味だそうで。

のっけからあまりに酷い主人公の素行に、感情移入は無理。

でもそんな主人公が悪事の最中に、ひょんなことから赤ん坊を手にする。

それまでの行動があまりに酷いから、赤ん坊を放置しても、殺しても全然不思議でもない流れだったのに、主人公は自分の子ども時代がフラッシュバックして、赤ん坊と自分が重なったのか、連れ帰る。

赤ん坊をほっとけなかったとは言え、行動は相変わらず酷い。けど少しずつ変化していく。
自分と重ねている・・・というところからくる行動の変化にリアティを感じた。

特に1人のシングルマザーとのやり取りから、変化が生まれてくる。出会い方は酷かったけど、

ツォツィは変化したとは言え、それまでの悪事ゆえに、物語はそれ相応のエンディングを迎える。
DVDには別エンディングが2つ収録されてたのが興味深かったけど、結局本編の終わり方がよかったなぁと思う。

・・・実際には、赤ん坊を見ても自分とは重ねられず、わが子に対してさえ虐待が起こったりもするわけだけど、それでも赤ん坊が周りにポジティブな影響を与えるのは、腑に落ちる物語でした。

けっこうよく出来たストーリーだと思ったけど、そうは言っても、序盤の非道な行為はあまり気分がよくなかったし、そんな主人公の赤ん坊の扱いはヒヤヒヤしたので、その辺マイナスして☆7・5という評価で。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2008-04-25 03:07 | 見た映画
久しぶりのブログです。

いやぁ、何かと転換期に来てるような気がしますよ。で、ブログに書く気もなかなか起こらない今日この頃です。

結局4月12日のワークショップは中止で、26日の「ドラマチックしゃべり場」も申し込みが少なくて、また中止かも・・・という状況。なかなか人集めというのは上手くはいかないものですね。

その一方で、この土日はビオダンサのワークショップに2日続けていってきました。

初日は3時間、2日目は6時間の長丁場。

長時間のビオダンサは場の一体感を強烈に生み出して、なんとも言えない素晴らしい体験だった。
こんなに人とのつながりを感じられるワークは今までなかったなぁ~。
2つか続きだと、濃い濃い。なんかグッと来るものがあった。魂に響いたというか。

そしてビオダンサ本気で勉強したいなぁ~という気分が、終わってからむくむくと起こってきた。

人と人のつながりを深める、身体を使った手法・・・って自分のやりたいことのど真ん中の一要素だし。今までやってきたことと、もろつながる。
自分が今までやってきたワークショップも、つながりを深めるけど、ビオダンサのほうがより強力だと思う。今までやってきたことは、つながりを深めるだけがすべてではないから、ビオダンサと組み合わせればよりパワーアップしそう。

本気で勉強するとなると、東京通いが必要。海外で勉強する手もなくはないが、現実的にはまず東京だわな・・。
東京通いするとなると、やはり金かかるし、そろそろ稼がないとね。

もしくは東京移住というアイデアもなくはない。

自分のワークショップも、どうも、東京のほうが人が集まりそうな気がしないでもない。

すぐに東京移住とは行かなくても、もう少し東京にワーク受けに行きがてら、自分のワークショップももう何度か東京で開催して、ちょっと様子を見ようかなぁ・・・という感じ。

長年住み慣れた関西ではあるけど、関西でないといけない必然性もないんだよなぁ。
気分を変えたい気もする。東京でうまいこと仕事できるような絵も、すぐには描けない気もするけどね。

さてさて、何かと転換期ですが、どう転がるやらね~。心のままに行くとしましょう。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2008-04-22 05:32 | つぶやき
今のところ参加申し込みが1人だけ・・・orz

木曜の夜に最終判断します。
もしここを読んでいて、迷っている・・というような方はご一報くださいませ。
matsudahのあとに@osaka.email.ne.jpまで。

う~ん、ネーミングとかいろいろと工夫をしたのですが、功を奏しませんでしたね。

3月の東京では7人集まったのに、大阪ではダメなのか・・・。

ちょっとへこみますね。

いろいろと建て直しが必要な時期のようです。

他にもあてにしていた会場が無料では借りられなくなったり、ちょっと上手く回ってない感じです。

そろそろワークショップとは別に稼ぐ仕事を探さねば・・・という思いも湧きつつ、まだそちらの動きは全然してませんが。

ワークショップをどういうところで使いたいか・・というのを文章化してまとめよう。前からやろうと思ってて、先延ばしにしすぎた。

がんばれ、俺!
[PR]
by matsuzoh2002 | 2008-04-09 02:38 | ワークショップ開催のお知らせ
ビオダンサ講師「J」による大阪クラス第7回のご案内です。

まつぞうは先月参加できず、皆勤賞が途切れてしまいましたが、今月は参加します。

気持ちがおもむくままに、身体を動かすこと、そして人とのふれあいやつながりを感じられることが気持ちよくて、すっかりハマっています。

ぜひ一緒に楽しみましょう!

ビオダンサとは、音楽・リズム・感情によって、人の統合と成長を促すシステムです。
ビオダンサの目的は、個人の発達と生きる喜びを深めることにあります。ビオダンサ・システムの基盤にあるのは、生命の保護と進化を支える不変的な法則です。

定義:
BIOS-「生命」
DANZA-「意味にあふれた人間の動き」
BIODANZA-「生命のダンス」
ビオダンサJAPANのサイトより)



日時:4月13日(日)14:00-17:00 

場所:大阪市立弁天町市民学習センター 

JR環状線弁天町北口・地下鉄中央線弁天町西口2A徒歩3分 オーク2番街7F tel06-6577-1430(場所の問合のみ)

講師:J

申込:講師のJに直接お申し込みが必要です。

いったんmatsuzoh2002のあとに@yahoo.co.jp 松田まで、ご連絡ください。
講師のJの連絡先をお伝えします。

参加費:参加人数によって変動します。
参加人数8人以上の場合1人2000円
      7人までは会場費用などを頭割り
[PR]
by matsuzoh2002 | 2008-04-02 00:02 | ワークショップ開催のお知らせ