ブログトップ

身体で思いを形にするワークショップblog

karadaws.exblog.jp

「こうなってほしい!」「そのためには、今どうすればいい?」そんな思いを、「体で感じる」ことを重視しながら表現するワークショップの進行役(ファシリテーター) まつぞうのblog

<   2005年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2週間ほど前に、プロセスワーク研究所の大学院コース進学のための電話面接を受けました。もちろん英語で。

1対1でしゃべるのはなんとかなるのですが、今後はファシリテーションを英語でする・・・ということになるので、やはり英語をもっと鍛えないとなぁ・・・ということになりました。

手近にある、英語を学ぶ手段・・・お金かけたくないし・・・ということで、マンションごと加入してくれてるケーブルテレビで2ヶ国語の番組をできるだけ見るようにしてます。まずは英語にもっと慣れようということで。

今晩も、部屋探しが思うようにはいかないなぁ・・・という思いとともに帰宅して、ケーブルテレビのチャンネルをザッピングしてると、ちょうど映画「誰も知らない」が始まるとこでした。

英語は関係ないけど、前から興味ある映画だったので見てみました。他事しながらだったのであまりちゃんと見てないけど・・・。

見ていると、きょうだいのために奮闘する男の子の姿が、事情も時代も全然違うのに、「火垂るの墓」と重なってしまうのでした。妹が死んじゃうところも同じだ。「誰も・・・」の方が、より淡々と受け止めて進んでいくんだけど・・・。

少年が主人公の話は、「リリィシュシュ」「マレーナ」あたりから続いてる。時代、お国柄反映してて、比べてみるのは興味深い。

マレーナ以外は、どれもサバイバルな話だ。戦争の時代もきついのだが、現代の方がより痛切かも。

僕自身もサバイバルな境遇を意識してしまう今日この頃なので、他人事とは思えず、観ていた。
少年のようにもう一度生まれ変わる時なんだろうな、きっと。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2005-08-29 02:55 | 見た映画
養老温泉でのワールドワークで浮上してきた課題の1つが、やっぱり家賃の安いところに引っ越さなきゃ!ということでした。

「独立した!」と言ってもすぐに稼げるわけがないので、もっとさっさと決断していて当然だったのですが、実に往生際が悪い。
1年以上もの長い間、仕事してる時のままの所に住み続けてしまいました。

生活水準下げていくのは、必要に迫られてこないとなかなかできないことですよね。

で、今日、部屋探しのため、不動産に行ってきました。

まずはネット検索。そんなに古くないし、そこそこ広いのに、妙に安い。
なんで?と思いつつ、その物件にお店で話を聞いてみる。

2人でも住めるミングルタイプで、1部屋分だけ使う場合のお値段とのこと。

なるほどね。(でもそんなことどこにも書いてなかったじゃねぇかよ、と思いつつ)

で、それ以外の物件もいろいろ出してもらい、現地に見に行くことに。

部屋自体はそんなに悪くない・・・という物件に当たりました。

そこに決めてしまおうかな・・・という気もしてたんですが、ちょっともより駅周辺も見てみようと思って歩き回ってみると・・・寂しい(T_T)。

ちょっと、今後数年暮らしていくのは辛いなぁ・・・という気がしました。

第2候補だった駅の方がはるかにいろいろあって楽しそう。ただし物件は駅から遠いし、部屋自体は若干見劣りがするが・・・。

ちょっと明日、第2候補の駅まで出かけて、もう1度検討したい。

焦るこたない。ここは慎重に行こう。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2005-08-29 02:41 | つぶやき
広島から帰って以来、10日ほどポーっと過ごし、18日の夜から青春18きっぷ往復による、千葉県・養老渓谷でのワールドワークに参加してきました。

ワークは19日(金)~22日(月)。
東京ー大垣間の夜行快速「ムーンライトながら」が22日の指定席が取れなかったので、東京の友人宅に1泊させてもらって、23日の深夜の電車で帰宅。

いいワールドワークでした。目からウロコでした。

詳しくは、またあらためて書きたいと思います。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2005-08-24 11:56 | プロセスワークの参加体験
ワールドワーク終了後に、久々に海で泳いだりして、なかなか充実でした。

いろいろと書きたいところですが、とりあえずは疲れたぁ・・・という感じです。
広島まで往復青春18きっぷだったし。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2005-08-09 00:23 | つぶやき
で、ワールドワークを受けてきます。

つい2週間前にも山口・福岡に行って来たし、最近は何かと西の方にご縁がありますねぇ。

原爆60年の意義深いワールドワークになると思います。

8日に戻ってくるので、また報告します。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2005-08-05 00:42 | プロセスワークの参加体験
前半はどうもイマイチ。

あんなに強引な女は、さすがにキツイな、と。

笑いを取ろうとしてる部分が、全体的に笑えないし。

冒頭ゲロだし。あれほど酔っ払う方は、ちょっとご遠慮させていただきたい。

でも終盤からが妙にいいんですよ。

山で叫ぶあたりから。
前半で引いてしまった分、あぁ、そんなところもあったのね、と、ちょっと見直してしまった感じで。

木のところに、おっさんがいる場面では、えらい長い時間が経って、主人公がおっさんになってしまったのかと思ったら、違った(^^ゞ

前半が笑えれば、最高でした。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2005-08-02 19:03 | 見た映画
弾丸が1個17セントで売られていたのに驚く。

カナダで民家の鍵がかかってないのに驚く。・・・カナダに留学しててもこれには気づかなかったな・・・っていうか、ホントに全国的にこうなのか?

そういう驚くような真実の一面は見せてくれるが、全面的に信用できない・・・という気分になってしまうねぇ、ドキュメンタリーというものは。

「カナダには鍵をかけない家もある」という描き方ではなかったような・・・。アメリカにはそういう家はありえない、というのはわかるが。

行き当たりばったりの取材ぶりはおもしろいけど、途中のアニメーションのように、主張を入れ込むのはどうかなぁ(そういう説もあるという描き方ではなかった)。

すべて行き当たりばったりに徹する方が、僕的には好きだろうなぁ。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2005-08-02 18:56 | 見た映画
金曜の夜、土曜、日曜、と、3日間のワールドワークがありました。

いやぁ、面白かった。大阪のプロセスワークコミュニティがぐっと育ってきたなぁ、という気がします。

全体的にはあまり影響を及ぼさなかったものの、個人的な学びについて書きたいと思います。

金曜の夜、朝までコンビニバイト(この日で終了)をこなし、仮眠してから望んだものの、かなり眠かったです。

模造紙を広げて、「今、この場に感じる『何か』(雰囲気とか、感情とか、なんでも)」を、1人1人、思い思いに、字でも絵でもいいから書く(描く)・・・ということをしました。

僕も、その場にあるものを感じ取ろうと、目を閉じて瞑想を試みますが・・・眠い。
眠さについて瞑想してみると、「睡魔」ということばが浮かんできました。
睡魔・・・「魔」なの?
仕事や勉強をしなければいけないときに、眠気は邪魔だろう。そんなときは「魔」かもしれない。
しかし、睡眠は必要だし、快楽でもある。
寝てる間に見る「夢」も重視しているプロセスワークからすれば、夢をもたらす眠りの存在は、魔どころか、敬うべき存在だ。

睡魔とは、むしろ反対に、眠りに敬意を払う表現はないか?
睡神?・・・悪魔の反対はむしろ天使だろう。

睡天使!
これからは敬意をこめて、そう呼びたい。

それ以来、今回のワールドワーク中は眠くなることなく、日曜日の午後の最後、インナーワークの時間になった。

・・・寝た・・・。
睡天使にいざなわれるままに。

ファシリテーターがインナーワークをすすめるための手順を言ってくれてるのに、それは睡天使様にとっては邪魔だった。

「この3日間で最も印象に残ったことについてインナーワークを」というような指示だが、聴こえたり聴こえなかったり・・・。
何か夢を見かけていたのに、指示が耳に入って、夢がかき消されてしまった。
指示に従うべきか、睡天使様に従うべきか・・・
結局睡天使様の勝ち。

うとうとしていると、「普段の自分を、右手の動きで表現してみる。そして左手で・・・」というような指示が耳に入る。
動かす気はないが、自分の手に意識がいく。

なぜか、両手とも肩に手がいっている。指先で肩を突っつくように。

何だこの手は?

周りの人に助けてもらい、この手は、何かを自分のほうに引き込もうとしているということで、腑に落ちる。
何かとは、睡天使様でしょう。

睡天使に引き込まれているようで、自分でも引き込んでいたのだ。
ワールドワークを終えて、茶話会、飲み会を経て、夜も更けた。

再び睡天使に身を委ねよう。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2005-08-01 01:22 | プロセスワークの参加体験