ブログトップ

身体で思いを形にするワークショップblog

karadaws.exblog.jp

「こうなってほしい!」「そのためには、今どうすればいい?」そんな思いを、「体で感じる」ことを重視しながら表現するワークショップの進行役(ファシリテーター) まつぞうのblog

12/20、東京(世田谷パブリック・シアター)で事例報告をします

ご縁がありまして、東京は三軒茶屋、世田谷パブリック・シアターでワークショップの事例報告をさせていただくことになりました。

『ワークショップ論―演劇ワークショップの力』という連続講座の一コマです。

詳しくはこちら

僕が話すのは

 「『人間彫刻』で織り成す井戸端会議!? ~宝塚フォーラムシアタークラブの6年~」

ということで、毎月恒例(しばらく休んでましたが)の宝塚フォーラムシアタークラブについて話します。

そちらのサイトにも書いたんですが、
03年、市民グループの依頼を受け、月1回のワークショップを半年続けて「フォーラムシアター」(観客参加型の「討論劇」)を上演しました。参加者の一部が活動の継続を希望し、月1回の活動が6年以上続いています。内容は変化して、現在は、「人間彫刻」という手法を活用し、身近で起きる問題の解決策を語り合う場になっています。主婦を中心に開催されてきた場は、井戸端会議のような雰囲気もあります。ボアールの手法である「フォーラムシアター」や「人間彫刻」が、そこでどのように実践されてきたのか、お話したいと思います。


という話になると思います。

ワークショップについての講座なのに、ワークショップではなくて、話しするのですよね。
ほんのちょっとだけワークを入れてやろうとは思ってますが、1時間しかないし、ほんのちょっとだわなぁ。

話し慣れてないので、1時間でどれだけ話せるのか謎です。

1時間がどれだけワークショップが進むのか・・・の方がよっぽどイメージしやすいですね。

東京方面の方、関心に合うようでしたら、ぜひお越しくださいませ。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2009-10-24 04:43 | ワークショップ開催のお知らせ