「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

身体で思いを形にするワークショップblog

karadaws.exblog.jp

「こうなってほしい!」「そのためには、今どうすればいい?」そんな思いを、「体で感じる」ことを重視しながら表現するワークショップの進行役(ファシリテーター) まつぞうのblog

3/8(土)「ドラマチック・イメージトレーニング」ワークショップ@東京・文京区のお知らせ

3月8日(土)、東京でワークショップをします。

希望を失わずに、前向きに望みをかなえていくためのブラジル生まれの実践「被抑圧者の演劇」の入門編です。

現実を変えていくにはどうしたらいいのか・・・ということをイメージふくらませて試行錯誤していく・・・という内容なので、「ドラマチック・イメージトレーニング」と名づけました。

大阪でも4月くらいに同じような内容のワークショップをやるのを検討中。

詳しくは以下の通りです。(会場詳細は、直接連絡いただければ、お教えします。)

****

ドラマチック・イメージトレーニング
 ~幸せに近づくためのブラジル生まれのワークショップ~


もっとハッピーに生きたい!

でも、なかなか思い通りに生きられずに、壁にぶつかってしまう・・・

どうすれば、もっと幸せに生きられるだろう?
幸せをジャマしているものは何だろう?

「人間彫刻」という身体を使った方法で、
幸せに近づくためにはどうしたらいいのか、イメージを形にしていきましょう!


★「ドラマチック・イメージトレーニング」とは?・・・

ブラジルのアウグスト・ボアールが創始し、世界的に広まっている「被抑圧者の演劇」の手法の1つ、「イメージシアター(人間彫刻)」に基づいています。

社会変革(誰もがより幸せに生きられる世の中づくり)や個人のエンパワメント(力を引き出す)のための実践です。

身体を動かしてコミュニケーションを深めるゲームで、心と身体をほぐした後、「人間彫刻」で
 1.幸せになるのが、はばまれている場面
 2.幸せが実現した場面
 3.幸せを実現するのは、どうしたらいいのかという過程
などを表現しながら、幸せを実現するためのイメージをふくらませていく、誰にでもできる、楽しい手法です。

◆ファシリテーター(進行役):松田裕樹 (まつだ ひろき)

★ファシリテーターのプロフィール:

「ドラマチックしゃべり場」主宰。大阪在住

1997年、フィリピンで実践されている演劇を活用して学びと交流を深める「民衆演劇」や、世界で実践されている「被抑圧者の演劇」などのワークショップ手法と出会い、2000年頃からファシリテーターとして、関西を中心に活動中。

ホームページはこちら



◆日時:3月8日(土)午後1時30分~5時

◆会場:東京都文京区内 (詳しくは、申し込みいただいた方に 直接ご連絡いたします)

◆参加費:3000円(当日会場でお支払いください)

◆申し込み・問い合わせ matsuzoh2002のあとに@yahoo.co.jp 
  松田までお名前とメールアドレスをお知らせください。
[PR]
by matsuzoh2002 | 2008-02-02 22:11 | ワークショップ開催のお知らせ