ブログトップ

身体で思いを形にするワークショップblog

karadaws.exblog.jp

「こうなってほしい!」「そのためには、今どうすればいい?」そんな思いを、「体で感じる」ことを重視しながら表現するワークショップの進行役(ファシリテーター) まつぞうのblog

3月9日ドラマセラピーフェスティバル@東京・新宿でワーク!+前日8日も独自にワークを開催予定

日本ドラマセラピー研究所主催の~ドラマセラピーフェスティバル 2008~(pdfファイル)で分科会のワークショップを担当します。

上記pdfのチラシでは、「社会変革のためのドラマ」みたいなことが書いてますよ~。
2時間のワークショップで「社会変革」・・・正直、そういう内容を体感してもらうのは大変そう(^_^;)

ま、ベストは尽くしましょう。

以下のようなタイトル、概要で行なう予定です(文案送付済み)

★タイトル
「望みをかなえる!体感型イメージトレーニング」
~ブラジル生まれの「イメージシアター(人間彫刻)」を使って~

★概要
「こうなったらいいのに!」という望みを実現するには、どう行動したらいいのか?困難な状況を切り開いていく力を引き出すための実践として、世界的に広まっている「被抑圧者の演劇」の手法の一部を体験します。

★より詳しい概要

ブラジル生まれの「被抑圧者の演劇」の代表的な手法「イメージシアター」を体験します。
「抑圧」とは、カタい響きの言葉ですが、ここでは「誰もが幸せに生きられる世の中」の実現を阻む「障壁」になるもの・・・というような意味合いです。多かれ少なかれ思い通りに生きられない面がある私たちは、誰もが「被抑圧者」だというとらえ方です。

今回のワークでは、「こうなってほしい」という「望み」がかなった幸せな状態をイメージして、それを「人間彫刻」という手法で表現しながら、その状態の実現を阻む障壁は何か、その障壁にどう対処するのか、探っていきます。イメージトレーニングを、頭の中だけでなく身体で表現しながら行うようなワークになります。
セラピー的な側面もありますが、もともと社会変革を志向して実践されている手法です。

今回も「個人の幸せ」を追求しながら、「より幸せな世の中」の実現も意識するような進め方になる予定です。

***

このイベントは手弁当での参加・・・となりますので、東京でもう一仕事して、旅費を稼がねば!ということもあり、前日の3月8日(土)により長時間(3時間半の予定)のワークショップを開催します。

そちらの詳しい案内も、近日アップの予定です!
[PR]
by matsuzoh2002 | 2008-01-23 22:22 | ワークショップ開催のお知らせ