ブログトップ

身体で思いを形にするワークショップblog

karadaws.exblog.jp

「こうなってほしい!」「そのためには、今どうすればいい?」そんな思いを、「体で感じる」ことを重視しながら表現するワークショップの進行役(ファシリテーター) まつぞうのblog

2012年10月27日(土)週末フォーラムシアタークラブ@宝塚のお知らせ

2012年9月22日(土・祝) 13:00〜17:00に続く「週末フォーラムシアター」の日程が決定しました。

2012年10月27日(土) 13:00〜17:00 に行います。
(初めての方は、できるだけ1時から5時までフルでご参加ください。部分参加希望の方はご相談ください)

会場:宝塚男女共同参画センターエル(JR/阪急宝塚駅すぐ)地図

心と身体を解放しながら、日々の暮らしやこれからの人生を見つめなおし、いろんなことに気づいて、元気になる場です。
2003年にきっかけとなる連続ワークショップを開催して以来、「フォーラムシアタークラブ」は9年以上継続しています。

ここ数年、平日の午後に開催してきましたが、来たる12月1日(土)に宝塚男女共同参画センター・エルのフェスティバルの一環でフォーラムシアターの上演をすることになり、平日午後には参加できない方々にも知恵と力を借りて、作品づくりを進めていけたら・・・ということで、9月からは土曜日にも開催し、平日との2本立てになります。

(平日は9月24日(月)午後に行います)

内容(予定)

◆からだでコミュニケーション・ゲーム
 ・交流を深める
 ・心と身体を解放する
 ・日常とは違うコミュニケーションで、日常を振り返る
 ・身体で表現するためのウォーミングアップ

◆ミニ・フォーラムシアター体験

「こんな状況はいやだ!」という状況をお見せします。
この状況を変えるにはどうしたらいいか?変えるアイデアを思いついたら、実際に変えられるかどうか、実行に移してみましょう。
観客参加型で問題の解決策を考える劇、それがフォーラムシアターです。実際に体験してみましょう。


◆からだで表現・入門
(ポーズをとって、いろんな「人」や「もの」になってみる
 =「人間彫刻」)

 ・日常の自分を離れて、いろんな視点・いろんな立場でいろんな感情を味わってみる
 ・複数のポーズを並べれば、さまざまな人と人の関係性を含んだ「場面」が表現できる

◆私たちの身近で起こる「こんな状況はいやだ!」を「人間彫刻」で表現してみる

「フォーラムシアター用の作品を作る」ということは、観客に「こんな状況はいやですよね?あなたらならどうしますか?」と問いかけるということです。
 私たちの身近なところで実際に体験したり、今後体験するかもしれない「いやな状況」を表現してみましょう。

★参加費=1000円

頭で考えても分からないことが、身体を使うといろいろな発見があって、スッキリ!・・・するかもしれません

初めての方でも、お気軽にお越しください。

◆申し込みは松田matsudah★osaka.email.ne.jp(★を@に変えて送信ください)まで
[PR]
by matsuzoh2002 | 2012-09-06 15:54 | ワークショップ開催のお知らせ